Blog

Our lab's research topic is 'Environmental Biogeochemistry'. This is simply because Dr Uchida has PhD in 'Environmental Biogeochemistry' and we think we need to explain 'what we research' more in details. In this blog, we may cover recent scientific news or may explain some of the research topics we are interested in. 
 
このブログでは、内田研究室のテーマである「環境生命地球化学」に関する話をつらつらと書いていきます。たまに脱線していますが、この研究室が何をやっているのかな、ということがなんとなくでもわかればよいと思っています。

個性を大事に【Looking after the personality and being yourself】

posted Jun 26, 2019, 11:14 AM by Yoshitaka Uchida

四月からの猛烈な忙しさが少し和らいでいます。四月にチームの一員となった学生達も、最初は見えていなかった個性も少しずつ分かってきました。そういう部分を生かしながら伸ばしながら育って欲しいと思っているところです。

個性を大事にする、という言葉は近年の日本の教育で大切にされ始めているような印象なのですが実際のところ、これはとても大変なことです。全員同じように教え、正しい、間違いを決め、間違いは罰したり怒ったり一律にしている方が楽だからです。

世の中の会社も、個性のない人材の方が使い勝手がいいと考えている場合もあると聞きました。

それから、個性と変わり者とか無礼者とか失礼な態度って線引きが非常に難しいので、大人になるということはある意味個性を失うことでもあるのか、という話もあります。

このように、メリットがあまり感じられない個性尊重型教育ですが、やっぱり世の中にインパクトを与えた人たちを見ると、どう見ても個性的な人の方が多いです。なんていうか、子供の頃から変わってないような人が多い気がするのです。そうすると、大学時代になっても、子供の頃から持ってきてしまっている、性格とか考え方とか、、、ちょっと厄介な部分も、出来ればそのまま持ちながら大人になって、そういう部分を生かしながら無理せず大人をやればいいと思っています。

After being extremely busy from April, I started relaxing a bit now. New students who joined the team in April started showing their personalities and being themselves. I like that and I want them to grow up by looking after their personalities. 

Japanese education sectors started discussing on how to value the personalities of students. However, it is very difficult to do so. It is so much easier to teach all students using a single method and determine what is right and wrong, using a single standard. 

Some companies also claim that they do not want to employ a person with a strong personality. 

Also, the strong personality could also make an impression as "rude attitudes". Thus, the strong personality may arguably be hidden as he/she grows up. 

However, I still want to value the personality of each student. Most of the people who impacted the world had a strong personality. Also, these people often had a child-like sense of thought and attitude. I do not want to suppress these interesting characteristics and personalities of my students, because they may need these to change the world in a better way, for future, when they become adults. 

沖縄の土壌動物学会【Soil Animal Conference at Okinawa】

posted May 22, 2019, 2:42 AM by Yoshitaka Uchida   [ updated May 22, 2019, 2:47 AM ]

ミミズやヤスデ、ダンゴムシなど、土に棲んでいる生き物たちの多くは「土壌動物」と呼ばれます。今回は、知り合いに誘われてこの土壌動物を語り合う不思議な学会に初参加してきました。

梅雨入りした沖縄は蒸し暑かったのですが、寒い札幌との違いにテンションが上がります。

私が今回の学会で感動したのは、研究対象を愛する気持ちを持った人達との出会いです。小さな生物が生きる意味を知りたくて知りたくてどうしようもない、そういう素敵な心を持った人達の集まりでした。

実は私は小さな頃、自分の夢を「昆虫研究家」と書いていた時期があります。家には虫の図鑑が並んでいて、かなりマニアックな虫の名前もよく覚えていました。そんなころの気持ちを思い出せたすばらしい集まりでした。

Soil animals are small organisms such as earthworms, millipedes and pillbugs. My colleague invited me to this strange event that scientists talk only about soil animals.

Okinawa was in the rainy season and muggy. However, I was happy to feel something different, compared to the cold Hokkaido weather.

During this small conference, I was very touched by people who "love" their research targets. They have such beautiful hearts, so they simply and actively want to know why and how these small animals live on the earth.

When I was a kid, I was dreaming of becoming an entomologist. I had so many books about insects in my house. I could name so many different insects. This visit to Okinawa reminded me of myself, dreaming of being a scientist.

新学生と忙しく学ぶ日々【New students are busy learning new things】

posted May 7, 2019, 12:00 AM by Yoshitaka Uchida

春になりました。北海道は桜も咲き、暖かな日が続いています。研究室は新たな修士課程の学生をたくさん迎え、一気に活気が出てきました。長期留学から帰ってきた学生もおり、忙しい毎日です。新しい学院(食資源学院)が出来てから、修士課程から私の研究室に移動して来る学生が増えてきました。うれしい反面、当然研究分野や研究室を卒業論文を行った分野や場所から変えてくるわけですから、トレーニングをしたり、研究テーマを決めるプロセスがなかなか大変で試行錯誤する毎日です。

これは私の研究室のポリシーでもあるのですが、何はともあれ農家を見よう、ということで、あまり今まで農業そのものに触れてこなかった学生達(残念なことに日本の多くの農学部生は農業そのものにそれほど触れていない)を連れて十勝方面を目指して行ってきました。酪農家さんや、肥料会社さんの多大なるご協力を得ながら、農業って何?どんなことが今問題になっているの?どういう研究が必要とされているの?というようなことを語り合ってきました。研究室に入ったばかりの学生には刺激になったに違いありません。

農業は自然を相手にしながら行う壮大な産業であり仕事です。農学者の役割はとてつもなく大きい、ということが少しでもわかってもらえたのであればうれしいです。いつもお世話になる農家さん、肥料会社の皆様に感謝です。

Spring has started with cherry blossoms in Hokkaido. The team welcomed many new master’s students and has been very active so far. Another student has come back from a long-term exchange study. Since the establishment of the new graduate school (the graduate school of global food resources), I started having students joining the team from their master’s courses. I am very happy to have them, but it is hard to train them since most of them change their scientific fields from their undergraduate dissertations. I am struggling to establish the training methods for them. 

Well, I consider one of the most important things for the training is to show them farms. Many agricultural students in Japan have not been visiting many farms (which is very unfortunate). Thus, I took them to the Tokachi region, in Hokkaido. With the help of farmers and a fertiliser company, students were faced with questions such as; what is agriculture? what are the issues related to agriculture? what types of research are needed? I hope students were motivated by discussing the questions here. 

Agriculture is an industry that deals with great nature. The role of agricultural scientists is huge. My students should understand that. I am very thankful for the farmers and the fertiliser company that helped us a lot during the training of my students. 

ニュージーランドサマーキャンプ【NZ Summer Camp】

posted Mar 7, 2019, 12:52 AM by Yoshitaka Uchida

何度目になるでしょうか。私を育ててくれたニュージーランドに学生を連れて行く、楽しいサマープログラムをやってきました。少しの間北海道の冬を忘れて、英語を学び、大規模農業や豊かな自然に触れ、先生方の講義を聞いたりするプログラムです。二週間くらい、大学の支援も少しだけ受けてやっています。

今年の子達は少しおとなしいな、というイメージでしたが、いろいろ学べたと言ってくれた子もいましたし、英語がみるみる上達したな、という子もいました。それなりの成果がありました。教科書では学べないようなことを現地の方々が話してくれたのが印象的だった、という感想もいただけました。うれしい限りです。

今の時代、留学は必要ない(ネットでなんでも出来ちゃうし、翻訳ツールも発達していますから)、という意見もたまに聞きます。そもそも留学して英語が話せても、いざ議論が始まると何も話せない、という子がいて困っているという話も聞きました。留学へのハードルが低くなり、目的も無く海外に行っては意味が無いという意見もあります。

私は、留学したいという子には、とりあえず行ってみな、と言います。なぜかというと、新しいことを経験できるからです。そのことで、自分の将来を考えたり、幸せを考えたりするときに、ちょっとだけ違う視点で物事を考えたり出来るようになる場合があります。自分がストレスを抱えたり、厳しい状況に置かれたときに、柔軟に考えられる人であることは重要です。ただ、新しいことを経験しても、何も変わらなかったり、それが受け入れられなくてつらくなっちゃったり、という人がいるのも事実です。そのリスクが無いと、そもそも新しいことなんて経験できないのではないでしょうか。

とにかく、今年もすばらしいプログラムに貢献してくださった、母校・リンカーン大学の先生方とスタッフに感謝です。

Another "summer program" was on, recently. I brought a group of students to New Zealand. The students were getting out of Hokkaido winter for a few weeks, studying English, experiencing and learning NZ style farming and nature from local professors. Hokkaido University provides a small fund to do this, and the program was on for two weeks. 

The group was rather quiet this year, but I received a few positive feedback. A student told me that she learnt so much in NZ. Another student markedly improved his English. A student also said to me that he was used to learning only from textbooks, but in NZ he gained more from the real issues that professors are aiming to solve. I am pleased to hear those comments. 

Some may say that "learning in overseas" is not necessary anymore due to the development of internet and translation tools. I also heard that some have studied overseas but have not improved their discussion and communication skills. These days, our government supports studying abroad too much, and some may think that many go overseas without proper goals. 

Well, I agree with some of the statements above, but when a student comes to ask me whether she/he should study abroad, I always say "go ahead!". A reason is she/he can experience something new. The new experience will help that person when she/he thinks about the future and happiness. Also, the new experience will help us to feel differently and flexible when we are under stress or in a difficult moment. I do know that some never change even when they experience something new or also do not accept anything new and have a tough time studying overseas. It is a risk. Risks come with the new experiences anyway. 

Okay, enough for now, and here I would like to sincerely thank all of the Lincoln University staffs and professors who helped this great program. Thank you. 

これからの国々【Countries with great future】

posted Jan 27, 2019, 5:10 AM by Yoshitaka Uchida

 授業やその他もろもろの隙間を見てザンビアへ行ってきました。例の重金属汚染のプロジェクト関係です。今回もいろいろな調査やミーティング、その他雑用などいろいろ行ってきました。そのうちの一つの調査のテーマは、土地利用の変化を捉えることです。
 重金属汚染と直接関連するかどうかはまだわかっていないのですが、この地域の人工衛星データを過去25年くらいさかのぼって集めて解析してみると、地表面の緑色が大きく変化していることがわかります。森林伐採や湿地の開発、洪水、街が大きくなった、大規模な農場が出来た等々いろいろな理由が考えられます。
 最終的にはやっぱり現地で調査することがとてもとても大切なわけです。というわけで、日本で目星をつけてきた場所になんとか四駆を走らせ、車が行けない場所は歩いてひたすら調査をしてきました。
 データのまとめはこれからですが、一つわかったことは、急速にこの地域が発展している、ということです。森は切り開かれ、多くはトウモロコシ畑になっています。一方で、地平線まで広がるような湿地帯やうっそうとした森林もまだ多く残されていました。このようなデータをしっかりまとめて、今後のアフリカにおける持続的な開発に貢献しようと思う。

   Recently, we have been to Zambia despite my busy schedule due to lectures and other duties in Japan. This trip was based on the project regarding heavy metal contaminations. In Zambia, we have done a lot of field studies and conducted a few important meetings. One of the goals for the field studies was to grasp the changes in the land-use in this area. 
   It is uncertain whether the changes in the land-use are related to the contamination of the land. However, our analyses of the satellite images over the last 25 years suggest that "greenness" of the earth surface has been rapidly changing in this area. The change can be related to activities such as deforestation, the development of wetlands, floods, the expansion of cities etc. 
   In the end, we had to come here to confirm our findings based on the satellite images. We were on a 4WD and drove everywhere and walked further where the 4WD could not access. 
   We are still summarising the data, but we found that this area is rapidly being developed. Forests are often cultivated into maize farms. At the same time, we saw huge wetlands expanding toward the horizon. Deep forests are also still present. We want to contribute to the sustainable development of Africa by further analysing the data.

冬の始まり【Winter has started】

posted Nov 23, 2018, 9:24 PM by Yoshitaka Uchida

ついこの間まで紅葉していたのに、札幌はこんな風になってしまいました。冬は、土を採ったりすることが出来ませんが、学生たちは実験に勤しんでいます。特に来年3月に卒業する学生は忙しい。

正直なところ、この時期は学生が書いたものを読むのがとても大変です。卒業論文や修士論文を英語で書くのがこの研究室の伝統ですが、どこからどう始めていいのやら、と日本人の学生たちは戸惑うので、手取り足取り教えていく必要があります。

私の先生(Timothy Clough先生)は、目次をしっかり作るように、とよく言っていました。今思えば、彼は極めて忙しいのに、文法はちゃめちゃな私の卒論、博士論文と、何度も何度も読んで添削して下さいました。私は今、学生たちに同じような質と量の指導を出来ているのかどうか。常に自問しています。

「先生がちゃんと論文下書きを読んでくれない」と愚痴を言ってくる学生さんがたまにいます。悲しいことだと思います。卒論は、学生さんにとって人生の大事な一ページです。必死に書いて、先生と議論しながら一つのものを作り上げた、ということは一生の糧になるわけです。私は先生に恵まれたので、卒論をがんばって書いた時期のことは鮮明に覚えています。あのときがあって今がんばれる。そんな気持ちになります。

Sapporo city, where I am working, is looking like this now. It is too difficult to sample soils now but students are busy doing experiments. Graduating students are particularly busy. 

To be honest, I spend so much time and effort reading students’ draft theses this time of the year. Our tradition is to write thesis in English but Japanese students normally confuse and do not know where to start. I have to make sure I spend time with them, teaching them what to do step by step. 

My supervisor (Prof. Timothy Clough) told me to start with the table of contents. Remembering my student days, he spent so much time reading my thesis drafts with terrible English grammar. I ask myself whether I do the same for my students now. 

Sometimes students from outside my team tell me that their supervisors do not read their thesis drafts in details. It is very sad. I understand that the graduate thesis is an important achievement for their lives. They will remember the efforts they put into the these for the rest of their life. I was lucky to have an awesome supervisor so I vividly remember my days writing the thesis. The memory pushes me up when I have a difficult moment. 

新しいチャレンジ【New challenges】

posted Nov 8, 2018, 1:39 AM by Yoshitaka Uchida

北海道は一気に寒くなり、銀杏並木の見ごろももうすぐ終わり、といったところです。私達チームは忙しくデータ解析を行いながら、冬~春に学会発表をしたり、新たなプロジェクトを始めるために一生懸命です。チームは三年生を迎えたり、インターンの学生を受け入れたりしていて、にぎやかなまま年末年始を迎えそうです。

私は先日ドイツに行き、学会に参加すると同時に前からずっと行ってみたかった研究所や大学を訪問してきました。ワインと生物多様性に関する研究を行っているチームや、光合成を行う土壌細菌を研究しているチームと初めて会い、交流し、一緒に今後コラボレーションを進めていくためのきっかけを作ることが出来ました。私は学会などで海外に行くことが多いのですが、可能であればその前後や最中に、個人的に興味のある研究を行っている研究者やチームとアポを取り、一対一でお話させていただく、ということをやっています。今回もこれから発展していきそうな関係を築くことが出来たので、実りある出張でした。

それから、ドイツだけではなく、アメリカ、ケニア、マラウイ、ザンビア、日本の複数の大学や研究期間を巻き込んだプロジェクトを開始することも決まりました。これについてはまたどこかで詳しく書こうと思いますが、私がここ数年情熱を注いできたサブサヘルアフリカ土壌の改善を中心としたプロジェクトです。楽しみです。

Hokkaido is getting colder and colder. Beautiful yellow leaves of gingko trees are almost finishing off. Our team has been busy preparing data for upcoming conferences in winter and spring. New third years and an intern student joined the team, so a lot happening these days. 

I went to Germany recently and visited a few Universities and institutes. I communicated with teams studying wine and biodiversity, and photosynthesising microbes. These visits will be a start for new collaborations. I often travel overseas for conferences but often visit nearby research institutes and Universities in which I am interested. Because then I can talk to great researchers face-to-face. The visit to Germany was fruitful regarding the opportunities for new collaboration. 

Also, I am pleased to announce that we will start a new project with Germany, U.S.A., Kenya, Malawi and Zambia (and a few Japanese research institutes). I have been researching the improvement of soils in sub-Saharan Africa for the last few years, so I am looking forward to organising this great project. 

収穫の時期【Harvest season】

posted Oct 10, 2018, 4:59 AM by Yoshitaka Uchida

北海道の秋は短いですが、土や植物の研究を現場で行っている研究者はとても忙しくなります。私たちも大学内外の農場で土や植物を採取して、いろいろなデータを取る毎日です。今年の北海道は天候が悪かったり、地震もあったり、台風も来たり、いろいろと大変でしたが、農家さんたちの努力が実を結ぶこの時期に農場を訪れることが出来るのは幸せです。

今年は、水田やビート畑で土壌微生物について広く浅く調べました。少しずつわかってきたこともあり、思っていたのとまったく違う結果になったこともあり、という感じです。奥が深い土壌微生物の世界、この先の研究が楽しみです。

水田では、「自然栽培でお米が育つメカニズム」について調べ始めています。自然栽培とはその名の通り肥料や農薬を一切使わない農業です。普通に考えると、土の栄養素が無くなってしまって、土がやせてきてしまうわけですが、条件がそろうと「うまくいく」のが自然栽培の面白いところです。それはなぜなのか、、、どういった条件が必要なのか、、、ということがわかるといいです。

ビート畑では、いろいろな有機肥料についての調査を開始しています。有機物を畑に散布するのは、とても大切なことですが、有機物は微生物、栄養素、水分など、いろいろな物質を含んでいます。それらがどんなふうに作物に影響を与えるのかは未知数です。そんなわけで、この農場や町と連携しながら調査を進めています。

Autumn in Hokkaido is very short. Thus, the field researchers get very busy this time of the year. We are also running around, taking a lot of data both inside and outside of the University. This year was difficult for Hokkaido, due to bad weather, earthquake and typhoon. However, we are happy to see the fields at the harvest period, when farmers' hard works are paying off. 

We researched soil microbes in paddy soils and beet farms this year. The results are exciting so far. We look forward to doing more detailed studies. 

In the paddy field, we research natural farming. The natural farming means farming without any chemicals. Commonly speaking, soils gradually lose their nutrients, and soil fertility will decrease due to this type of farming practice. However, reports are saying natural farming is a very successful enterprise. What are the factors controlling the success of natural farming?

In the beet farm, we started studying variable organic fertilisers. It is critical to apply organic materials on soils, but the organic materials contain microbes, nutrients, water and many other things. It is difficult to predict the influence of organic materials on crops accurately. We collaborate with local farmers to do more detailed studies. 

リオデジャネイロ【Rio de Janeiro】

posted Aug 24, 2018, 7:07 PM by Yoshitaka Uchida

 リオに行っていました。世界土壌会議が開催されたためです。私は幼いころブラジルで生活していた時期があるため、思い出深い国です。ポルトガル語を思い出しながら非常に楽しめた一週間くらいでした。科学者たちの会議、「学会」は、他の研究者の話を聞いたり、交流したりするための非常に有意義な場所です。新しい機械や分析技術、研究分野のトレンドなどについても知ることが出来ます。
 私が学会に来るときには必ず「新しいお友達」を作ることを目標にしています。今回も様々な研究者とのコネクションを作ることが出来ました。オランダの著名な微生物学者とランチをしたり、ブラジル人の教授たちと今後コラボレーションをするための分野を打ち合わせしたり、ニジェールやコートジボワールといった、新たなアフリカ諸国の研究に向けた道筋を見つけることも出来ました。早速彼らからいろいろメールが来ていて、これからの発展に期待できそうです。
 一緒に行った学生も、知らない人に声をかけるということを目標にしてがんばっていました。英語力が無い、何を話していいかわからない、と言うことの多い子でしたが、少し成長したのではないでしょうか。何よりも、何百人も入れるような広い会場で口頭発表をしていた姿を見ることが出来たのは感動です。この学生は、私が二年前に移動した「英語オンリー」の学院の最初の卒業生になる予定です。新しいスタイルの教育がこうやって世界で活躍する人を育てるようになっていけばいいです。まだまだですが。

   I have been to Rio de Janeiro, Brazil, for the World Congress of Soil Science. I used to live in Brazil when I was a kid. Thus, I have a lot of memories here. I enjoyed the visit and remembered my Portuguese a little bit. A conference, meeting for the scientists, is a place for us to listen to talks and associate each other. We can learn a lot about new machines and analytical progress as well.
   My goal at any conference is to make new friends. This time, I made a lot of new connections. I had a lunch with a well-known soil microbiologist based in Netherland. I also had a good meeting with Brazilian professors and met new African scientists from Niger and Ivory Coast. I have already received many emails from them. I am looking forward to collaborating with them. 
   My students who came along with me also had a similar goal. One of them had been telling me that her English is not good enough and she did not know what to talk but I think she did very well. I was impressed by her oral presentation at one of the biggest rooms at the conference. She will be one of the first graduates of the new "English only" graduate school which I was transferred a few years ago. I hope that I can educate a lot of students who can a world-renowned person, although a lot to do yet! 

植物を植えてみる【Planting some plants】

posted Jun 23, 2018, 2:11 AM by Yoshitaka Uchida

 また、ザンビアに居ました。一週間ほど。今回の目的は、タイトルの通り植物を植えること。土地が汚染されていたり、乾燥がひどかったりすると、なかなか植物は生えません。また、人間活動によって植物は減ってしまう場合が多いのです(開発や薪、炭づくりなど)。この場所は鉱山跡地の傍にあり、土中の鉛や他重金属濃度がとても高いことが知られています。またザンビアは乾季が長く(4月~10月くらい)、普通に植物を植えてもなかなか育たないことがあります。
 そこで、この場所に井戸を作り、太陽電池で動くポンプを設置し、水を撒き、少しずつここを多様な植物が宿る場所に変えていこう、というプロジェクトを始めました。私たちのTeamのIkabongo博士を中心に進めています。
 今回は、レモングラスとベチバーというイネ科の植物をたくさん植えました。幾つかの木も植えることが出来ました。ザンビア大学農学部の学生と一緒にです。どうやったら一番こいつらが速く育つか、ということで、様々な肥料や土壌改良剤を試しているところです。

   I was in Zambia again, for a week or so. I went to Zambia to plant some plants. Plants do not grow well when soils are contaminated or when soil moisture is low. Also, human activities often decrease plants due to charcoal production (deforestation). This place is located right next to an ex-mining site and soils here show very high heavy metal contents. Also, plants suffer the extensive drying season in this area (Apr-Oct). 
   Thus, we started digging a borehole here and also set up a solar-powered pump. We sprinkle water on this land and aim to change this place to diverse plant-rich area. This project has been conducted mainly by Dr Mukumbuta in our team
   We planted a lot of lemongrasses and vetiver grass. Also, we planted some trees. We collaborate with local students at University of Zambia and testing various soil conditioners.

1-10 of 110