Blog

Our lab's research topic is 'Environmental Biogeochemistry'. This is simply because Dr Uchida has PhD in 'Environmental Biogeochemistry' and we think we need to explain 'what we research' more in details. In this blog, we may cover recent scientific news or may explain some of the research topics we are interested in. 
 
このブログでは、内田研究室のテーマである「環境生命地球化学」に関する話をつらつらと書いていきます。たまに脱線していますが、この研究室が何をやっているのかな、ということがなんとなくでもわかればよいと思っています。

区切りをつける【Putting a break】

posted Feb 1, 2020, 3:31 PM by Yoshitaka Uchida   [ updated Feb 1, 2020, 9:53 PM ]

もう2月、ということでいろいろ焦ってしまいますが、近況を書いてみます。

今年はずっと関わってきた大型プロジェクト、SATREPS-KAMPAIが一応一区切りを迎えることになります。ザンビアの鉛汚染を観てきたプロジェクトです。私は環境チームをなんとかまとめるという仕事をしてきたのですが、自分なりにベストを尽くしてきました。

いろいろ嬉しい成果はありますが、ザンビア大や北大の学生たちのテーマとして、10以上の卒論や修論を生み出してきたプロジェクトとなったのは嬉しいことです。いつかきちんとまとめたいです。

学術論文もぽつぽつと出すことが出来て、それがまた見知らぬ誰かに読まれて新たなプロジェクトの可能性が生まれてきていて、そんなことも嬉しいです。アフリカに定期的に行くことになり、自分自身も少しだけタフになり、大きく成長した学生もいます。

この前行われたプロジェクト全体ミーティングでは、どうやってプロジェクトに一度ピリオドを打つか、という話も少しだけしました。私たちのグループは汚染地域に大きなフィールドを持っており、いろんな植物を植えたり、地下水を取って調べたりしているので、そのフィールドをどうするのか、ということが一つの論点でした。

ザンビアのKabwe。世界で最も汚染された都市のひとつとされている現状は変わっていない、、、。次のステップへ、いろいろ考えているところです。写真はこの前行ってとても癒された猫カフェ。笑

It is hard to admit that it is already Feb. 

In this year, one of the projects that I have been involved, SATREPS-KAMPAI, will end. The project aims to mitigate lead contamination issues in Zambia. My role was to lead the environmental scientists' group and I have been doing my best. 

There are number of great outcomes from this project. More than ten dissertations and theses were produced based on the project, both from Hokkaido University and University of Zambia. 

Peer-reviewed papers have also been published. The papers produce new connections with other scientists for me. These new connections are potentially new projects and sciences. I became a bit tougher, based on my regular visits to Africa and so as my students. 

We had a regular meeting for the project a few days ago, discussing how to put a break on this project. Our group has been managing a big field studies in Zambia, planting a lot of trees and researching underground water. We started talking about what to do with this site. 

Kabwe, Zambia, is still known as one of the most polluted cities in the world. We could not change this fact so far, thus we need to move on to the next step... By the way, the photo was taken at a "cat-cafe" in Japan, my favourite healing spot. 

2020年を迎えて【Year 2020 started!!】

posted Jan 3, 2020, 12:17 AM by Yoshitaka Uchida

例年になく雪が少ない札幌ですが、もう2020年です。この時期に近場のスキー場が開いていないのは札幌に来て初めてではないでしょうか。スキーはともかく、私は職業柄、春からの農作物への影響が気がかりです。雪は土壌を保温したり保湿したりするのに非常に大きな役割を持っていますから、以前とは違う降雪パターンにどう対応していくのか、北海道で農業に関わる私たちみんなで考えていかないといけないです。

今日は特にこれといって書くこともないのですが、せっかくなので2019年のチーム活動を振り返り、2020年の抱負を語りたいと思います。

2019年はこれまでにないくらい人が抜けて、人が入ってきて、チームの面子が大きく入れ替わりました。そんな中で、新入りの子たちが一生懸命チームを盛り上げてくれたと感じています。フィールドや海外に出て現場の人とコミュニケーションをとる、という部分が私のチームでは鍵になるのですが、その部分で成長してくれたチームのメンバーに感謝です。

その上で2020年は、現場にリターンできるような成果を上げる必要があると思います。膨大なデータをうまく整理して、現場の状況や考え方を踏まえて、どういう風に説明するのか、何をどう見せるのか、という部分で一歩前に進んでいきたいです。

具体的にはアフリカの土壌保全、そして北海道の過剰な栄養素(家畜糞尿等)問題への対策に関わるプロジェクトで目に見える成果を出すことを目標にしたいです。チームのメンバーはそろっているので、あとはチームワーク。

The amount of snowfall has unusually low in Sapporo so far, but the year 2020 has already been here. I have never experienced that the ski fields nearby have not been opened yet by now. Additionally, I have been worrying about the impacts of this low snowfall on the crops in spring. Snow is essential to stabilise the soil temperature and moisture over winter. We have to keep researching the agricultural methods to deal with unusual climate.

I want to review our activities in 2019 and propose some goals for 2020. 

Last year, many of us left the laboratory for good, and we had a lot of new members. I am very thankful for the new ones since they were very active in the team and progressed so well regarding communicating with locals in the fields (even in overseas). These communication skills are critically important in our research area.

In 2020, we need to develop our research further so we can return something for the people who work with us. We have the data, but we should think about how we present the data for people so they can understand our findings.

More precisely, we are running projects in Africa (soil conservation) and Hokkaido (excess nutrients from livestock) and clear outcomes for these projects will be needed this year. We have an excellent team and just a matter of having better teamwork in 2020!

メタゲノミクス【Metagenomics】

posted Dec 18, 2019, 5:45 AM by Yoshitaka Uchida

ドイツの「土壌メタゲノミクス・シンポジウム」へ行ってきました(ウェブサイト)。今はデータ社会と呼ばれていますが、世の中にあふれる膨大なデータのうち、かなりの部分が「遺伝子」に関わるデータだとされています。この遺伝子をひたすらがんばって全部読み取ってしまおう!という研究がメタゲノミクス研究です(かなりざっくりとした語弊のある言い方ですが)。

土の遺伝子、と言っても、カビやバクテリア、植物、昆虫等々、その由来は様々です。これらを読み取るのは簡単ではありません。また、読み取ってからどうするのでしょうか? それをどうやって役立てるの? そもそもちゃんと読めてるの? というわけで話は尽きないわけです。

でも、土は本当に不思議で、なぜかわからないけれど病気が発生しにくい土、なぜかわからないけれど作物がよく育つ土、などなど、これまでの調べ方(例えば物理性や化学性)だけではわからないことがたくさんあるのです。それをもっとよく知ろう、ということでメタゲノミクスが今注目されています。

世界的に知られた先生方が本当にたくさん来ていたこの学会。私もまた研究をがんばらなきゃ、と改めて感じました。私たちのフィールド(北海道やアフリカ)は独特で珍しいらしく、また新たなコラボレーションが始まりそうです。

I have been to the 4th Thünen Symposium on Soil Metagenomics in Germany. There are so many "data" in the world and genome-related data contributes a very large proportion within the global data. "Metagenomics" research tries to read and understand this genome data (this expression is very vague though). 

The soil metagenomics can be derived from fungi, bacteria, plants and other fauna. It is not easy to read everything. Also, what can we do after we understand these genome information? Are we hundred percent sure we read the genome accurately? There had been endless discussion at the symposium. 

Soils are strange thing. We often find a soil prevents crop disease somehow. We also find a soil that support crop growth without much inputs. Former research methods (soil physics and chemistry) cannot clarify the mechanisms behind these facts. Metagenomics are receiving heightened attention to get to know the soils better. 

A lot of globally recognized scientists were present at the symposium. I was encouraged to further progress my research. Our fields (Hokkaido and Africa) seem to be unique for them and I am sure we will start another collaboration with the colleagues who I met at the symposium. 

アフリカに行きたい人たちへ【For someone who wants to go to Africa】

posted Nov 27, 2019, 3:55 PM by Yoshitaka Uchida

更新してなさすぎです。すいません。今回もアフリカへ行ってきましたのでご報告です。11月頭にケニア~マラウイ~ザンビアとサブサヘルアフリカ周遊調査旅へ行ってきました。大東君が初アフリカということで、体調・疲れ等々心配しながらでしたが、とてもよくやってくれたと思います。簡単に言うと「土を採ってきただけ」なのですが、その大変さ、かかるお金の大きさ(びっくりするくらいいろんなところでお金を取られてしまいます。サンプリング、輸出許可、輸入許可、検疫、、、)、手間、必要なコミュ力、など、学んでもらえたのではないかと思います。

アフリカは、どうしてもひとくくりにされがちですが、ほぼ隣り合わせのこの三カ国でも、農業と環境に関する問題はいろいろと違いがあります。ある程度、環境保全型農業に関する研究は進んでいるが、その農法の普及や農家の理解を進めることが必要だ、という印象のケニア、土地が狭く、いたるところを開墾しており、土壌浸食が極めて深刻で、国の半分が湖に面しているにも関わらず水資源の利用法がまだまだ確立されていないマラウイ、小規模農業と、地下水を多量にくみ上げた西洋スタイル農法が混在するカオス状態のザンビア、と言った感じです。

こういった問題を肌で感じて、なんとかそれに帰するような研究をする人を育てていくというのが私の仕事なのかな、と思っています。

うちの研究室には、アフリカに行ってみたいという学生がたくさん入ってくれるのですが、困ったことに全員を連れていくことが出来ません。一応、私がこいつを連れて行こう!と決める基準になる部分を書いておくので参考までに。

1)おおらかな人。イライラしたり機嫌が悪くなったりということが少ない人。
アフリカでは計画していても物が無いとか人が来ないとか電気が無いとかバケツひっくり返したような雨が降っているなどで出来ないことが多いです。そんなとき、どう考えるか、まあ仕方ねぇ、という性格の子はアフリカでも大丈夫。一方で、ちょっとした晴れ間とかに一気に仕事をやる必要があるときもあります。そんなとき、私は猛烈に急いであせって仕事をします。そんなときもイライラせずに柔軟に動けるな、と日ごろの生活で感じる子はアフリカチームに招待します。

2)アフリカのためになれる人
アフリカの発展は持続的でなければいけません。今のアフリカの発展は海外からの投資(多くは借金)で成り立っており、この先もこれが続くかどうかは危ういということがTICADなどでも言われています。じゃあどうするのか? 農業分野で機械化、大規模化を進めるだけではなくて、効率のよい肥料管理や、循環型農法、土壌保全などをどう進めるのか、そういうビジョンをもって、私はアフリカでこういうことをしたい!というやる気がある人がいいです。

3)現地の研究者・学生と連携できる人
アフリカで研究をするときには、必ず現地の研究者や学生がお手伝いしてくれます。自分のやりたいことが、現地の先生からするとちょっと違うと感じるかもしれません。そういうときに、きちんと説明したり、議論したり、アドバイスも踏まえて研究をさらに現実的に発展させられるかどうか。そういう能力(英語力、コミュニケーション力、自分の意見が違う人との議論の仕方)を見ています。

I am sorry for not updating for a while. We have been to Africa again. We went through Kenya, Malawi and Zambia in early November. For Takamitsu, this was his first African experience, and I was worried about his health. However, he did extremely well. Simply, we have just sampled some soils, but he must have understood how hard it was regarding the cost, permissions and all the other complicated processes.

People sometimes think that the issues are all similar in Africa, but this was not true. Kenya has developed agricultural research sectors and knowledge regarding sustainable agriculture, but their implements to farmers are difficult. Malawi has such a small land and heavy cultivation and soil erosion are the issues. Water use efficiency is another thing in Malawi (although it faces one of the largest lakes in Africa). Zambia is chaos, with the mixture of sophisticated farming systems with the centre-pivot irrigation and many traditional small scale farms. 

I want to educate young ones so they can feel these difficult issues and start dreaming about researching to solve these. 

Many students knock on the door of my lab, thinking about doing something in Africa. Unfortunately, I cannot take all of them. Here, I write some of the things I see when I decide with who I take to Africa.

1) Peacefulness/big-hearted person
Almost nothing goes well according to the plan, in Africa. Often there are no tools, people not coming in time, no powers or there is unexpected heavy rain. You really have to have a personality to take these things easy. Thus, if students are stressed with small things even in Japan, I do not think it is easy for them to survive in Africa. I want peaceful stress-less students. 

2) Somebody who can do something good for Africa
I strongly want to contribute to sustainable development in Africa. There are many ways to contribute to it. Students have to have their own visions for that. This means students should want to go to Africa, just because of themselves but for Africans. 

3) Communications with local scientists and students
We must get a lot of help from them, during our research trips. Our plans have to flexible because the local researchers know much more than us. Students have to explain their plans in details to them and they have to be able to do good discussion with them. When the opinions are different, students have to work something out through good English, communication skills and attitudes. I observe those qualities when I discuss things with my students. 

由仁町での放牧スクール【Grass farming school at Yuni town, Hokkaido】

posted Aug 15, 2019, 5:57 PM by Yoshitaka Uchida

少し前になってしまいましたが、由仁町で放牧スクールがありました。放牧スクールというのは、主に酪農家が草や土、牛について学ぶ、数日間のワークショップです。毎年、北海道のどこかで行われていて、今年は由仁町のある農家さんを中心として行われました。

私は、だいたい毎年このスクールに学生を連れて参加しています。一番の理由は学生達に農家さんからいろいろ学んで欲しいと思っているからです。農家の方々はそれぞれいろんな信念を持って経営をしています。それから、当たり前ですが、農家の方々は自分の農地を自分で管理しています。誰かに何かを言われて、それをやる、という仕事ではないのが農業のとても魅力的な部分なのですが、それはやっぱり農家さんたちと話さないと感じることが出来ないと思っています。

一方で、私達の研究である、農業と環境についての話や、国際的な酪農情勢についても情報交換しました。連れていった学生達はちょっとシャイで、もっともっとガツガツと農家さんに話しかけていって欲しかったけれど、そういう風に少しずつ成長させていかないとな、と私自身責任を感じました。

大学の研究と、現場が乖離してしまっている、ということは、学生たちもひしひしと感じるようで、そんな思いから私のチームに入ってくる学生が増えています。でも、乖離しているんだったらじゃあ現場に行って話すしかないじゃん、っていうこととか、現場に研究のことを伝えるのって難しいでしょ、っていうことは、自分で経験してみて知るのだと思います。

※写真は酪農家さんが糞虫の専門家である倉持先生と一緒に語り合っている図です。
*The photo describes dairy farmers and Prof. Kuramochi (dung beetle specialist) discussing.

There was another grass farming school, organised by a dairy farmer at Yuni town, Hokkaido. This school aims to train dairy farmers to study soils, grasses and cows. The school has been held somewhere within Hokkaido, every year. 

I usually take a few students with me to this school every year. The primary purpose for me to bring the students along is for them to learn things from farmers. The farmers have a lot of beliefs regarding their farm management. They manage their lands on their own. Therefore "farming" is not one of those jobs that somebody else tells you what to do, and this is probably the most appealing part of the farming business. Thus students need to talk to farmers to understand that. 

We also talked with many farmers to share our research and knowledge on agriculture and the environment. We also discussed the importance of dairying on the international scale. I wanted my students to go and talk to the farmers more actively. I need to train my students to be able to do that.

A lot of my students mentioned to me that they realise that the research within Universities and the actual issues brought to them by farmers are not matching. However, students need to understand how hard it is to change this situation. It is difficult for students to find opportunities to talk to farmers, and even when it is possible, it is difficult to tell farmers about scientific research.

デンマークへ【To Denmark】

posted Jul 26, 2019, 7:02 PM by Yoshitaka Uchida

授業が忙しい春が終わると海外出張が幾つも入っていて、気がつけば一年が終わる、というのがここ数年続いています。いろいろな業務や締め切りに追い詰められるようにして一年を終えるというのは、質の高い仕事をするにはあまりよろしくないので、そうならないためにもこうやって書き残しておきたい。といいつつ、デンマークに行った後にすでにかなり出張してしまっていて、出遅れた感じです。

デンマークに行ったのは、学生の実習を助けるためです。私が所属する学院では、学生は海外で何度か実習をすることになっていて、それはそれでいいのですが、やっぱり先生たちが付いていく必要があるみたいです。正直、先生が付いて行ってしまうと実習の意義が半減するような気もするのですが、なかなか日本の大学は学生を「大人扱い」しないのです。

そんなことはともかく、デンマークという国は、狭い土地でどれだけ農産物を作ることができるか、ということを極めた国でした。農業は大切ですが、例えば北海道を全部農地にすることは出来ません。そうすれば、生命のバランスは崩れ、水や大気は汚れ、地下水は枯渇し、病害や土砂崩れなどの災害も多発して人類は暮らしていくことが出来なくなります。なので、批判を恐れずに言うならば、そうならないギリギリまで農地を作ってみました、という国がデンマーク。

しかし、その一方で(というよりギリギリを攻めているからこそなのだが)、農地へ投入される肥料や水の使い方、有機栽培のあり方などは極めて細かく管理され、見事な「現代的農業」の一つのあり方を示していました。ヨーロッパの「我々はこうやって人類に食料を提供しているのだ」というある意味では本気を見せていただいた、という気持ちになりました。土地の7割を森林に囲まれ、豊かな自然の中に暮らす日本の私たちは、食料の多くを輸入することで自分たちの体を維持しています。食料生産がやばい、環境がやばい、と繰り返し授業をしてきているのですが、私の授業だけではわからない何かを学生達も感じてくれたのであれば、とてもうれしい。

A year ends with so many oversea trip schedules straight after spring (with a lot of lectures). This is how I had been spending each year for the last few years, and I feel like I need to make sure I am not being chased by a lot of “dues and duties” all the time. I still want to do quality jobs! This is one of the reasons for this blog, recording what I had been up to. However, I have to say I have already done so many works after my trip to Denmark (so I am being chased by “update my blog feeling” already).

I went to Denmark to help my students’ field trip. Our graduate school requires my students to do oversea field trips. That is a very nice idea but I do not understand why us (professors and staffs) have to chase after them. We should treat our students as adults. 

Anyway, Denmark is a country that is trying to produce the most out of the small land area. Farming is of course very important, but we cannot convert all the lands into farmed area. This would result in the deterioration of life balances, with dirty water and air, depleting ground water and increases in diseases and other natural disasters. Lives will not be supported under these situations. Thus, arguably, Denmark is trying to push its land almost to the limit (increasing farm lands), with minimum impacts on life-supporting functions on the earth. 

Due to this fact, the use of fertilisers and water, the regulations of organic farmings are quite nicely controlled (in very details) and I really see why Denmark is often regarded as a country with successful/sustainable modern farming systems. Well, Japanese people live on the land with >70% forest cover, but we import most of our foods. I am repeatedly telling my students that “feeding the world” will be extremely difficult in near future, regarding the environmental impacts, thus I really hope my students felt something new based on my lectures plus this precious visit to Denmark. 

個性を大事に【Looking after the personality and being yourself】

posted Jun 26, 2019, 11:14 AM by Yoshitaka Uchida

四月からの猛烈な忙しさが少し和らいでいます。四月にチームの一員となった学生達も、最初は見えていなかった個性も少しずつ分かってきました。そういう部分を生かしながら伸ばしながら育って欲しいと思っているところです。

個性を大事にする、という言葉は近年の日本の教育で大切にされ始めているような印象なのですが実際のところ、これはとても大変なことです。全員同じように教え、正しい、間違いを決め、間違いは罰したり怒ったり一律にしている方が楽だからです。

世の中の会社も、個性のない人材の方が使い勝手がいいと考えている場合もあると聞きました。

それから、個性と変わり者とか無礼者とか失礼な態度って線引きが非常に難しいので、大人になるということはある意味個性を失うことでもあるのか、という話もあります。

このように、メリットがあまり感じられない個性尊重型教育ですが、やっぱり世の中にインパクトを与えた人たちを見ると、どう見ても個性的な人の方が多いです。なんていうか、子供の頃から変わってないような人が多い気がするのです。そうすると、大学時代になっても、子供の頃から持ってきてしまっている、性格とか考え方とか、、、ちょっと厄介な部分も、出来ればそのまま持ちながら大人になって、そういう部分を生かしながら無理せず大人をやればいいと思っています。

After being extremely busy from April, I started relaxing a bit now. New students who joined the team in April started showing their personalities and being themselves. I like that and I want them to grow up by looking after their personalities. 

Japanese education sectors started discussing on how to value the personalities of students. However, it is very difficult to do so. It is so much easier to teach all students using a single method and determine what is right and wrong, using a single standard. 

Some companies also claim that they do not want to employ a person with a strong personality. 

Also, the strong personality could also make an impression as "rude attitudes". Thus, the strong personality may arguably be hidden as he/she grows up. 

However, I still want to value the personality of each student. Most of the people who impacted the world had a strong personality. Also, these people often had a child-like sense of thought and attitude. I do not want to suppress these interesting characteristics and personalities of my students, because they may need these to change the world in a better way, for future, when they become adults. 

沖縄の土壌動物学会【Soil Animal Conference at Okinawa】

posted May 22, 2019, 2:42 AM by Yoshitaka Uchida   [ updated May 22, 2019, 2:47 AM ]

ミミズやヤスデ、ダンゴムシなど、土に棲んでいる生き物たちの多くは「土壌動物」と呼ばれます。今回は、知り合いに誘われてこの土壌動物を語り合う不思議な学会に初参加してきました。

梅雨入りした沖縄は蒸し暑かったのですが、寒い札幌との違いにテンションが上がります。

私が今回の学会で感動したのは、研究対象を愛する気持ちを持った人達との出会いです。小さな生物が生きる意味を知りたくて知りたくてどうしようもない、そういう素敵な心を持った人達の集まりでした。

実は私は小さな頃、自分の夢を「昆虫研究家」と書いていた時期があります。家には虫の図鑑が並んでいて、かなりマニアックな虫の名前もよく覚えていました。そんなころの気持ちを思い出せたすばらしい集まりでした。

Soil animals are small organisms such as earthworms, millipedes and pillbugs. My colleague invited me to this strange event that scientists talk only about soil animals.

Okinawa was in the rainy season and muggy. However, I was happy to feel something different, compared to the cold Hokkaido weather.

During this small conference, I was very touched by people who "love" their research targets. They have such beautiful hearts, so they simply and actively want to know why and how these small animals live on the earth.

When I was a kid, I was dreaming of becoming an entomologist. I had so many books about insects in my house. I could name so many different insects. This visit to Okinawa reminded me of myself, dreaming of being a scientist.

新学生と忙しく学ぶ日々【New students are busy learning new things】

posted May 7, 2019, 12:00 AM by Yoshitaka Uchida

春になりました。北海道は桜も咲き、暖かな日が続いています。研究室は新たな修士課程の学生をたくさん迎え、一気に活気が出てきました。長期留学から帰ってきた学生もおり、忙しい毎日です。新しい学院(食資源学院)が出来てから、修士課程から私の研究室に移動して来る学生が増えてきました。うれしい反面、当然研究分野や研究室を卒業論文を行った分野や場所から変えてくるわけですから、トレーニングをしたり、研究テーマを決めるプロセスがなかなか大変で試行錯誤する毎日です。

これは私の研究室のポリシーでもあるのですが、何はともあれ農家を見よう、ということで、あまり今まで農業そのものに触れてこなかった学生達(残念なことに日本の多くの農学部生は農業そのものにそれほど触れていない)を連れて十勝方面を目指して行ってきました。酪農家さんや、肥料会社さんの多大なるご協力を得ながら、農業って何?どんなことが今問題になっているの?どういう研究が必要とされているの?というようなことを語り合ってきました。研究室に入ったばかりの学生には刺激になったに違いありません。

農業は自然を相手にしながら行う壮大な産業であり仕事です。農学者の役割はとてつもなく大きい、ということが少しでもわかってもらえたのであればうれしいです。いつもお世話になる農家さん、肥料会社の皆様に感謝です。

Spring has started with cherry blossoms in Hokkaido. The team welcomed many new master’s students and has been very active so far. Another student has come back from a long-term exchange study. Since the establishment of the new graduate school (the graduate school of global food resources), I started having students joining the team from their master’s courses. I am very happy to have them, but it is hard to train them since most of them change their scientific fields from their undergraduate dissertations. I am struggling to establish the training methods for them. 

Well, I consider one of the most important things for the training is to show them farms. Many agricultural students in Japan have not been visiting many farms (which is very unfortunate). Thus, I took them to the Tokachi region, in Hokkaido. With the help of farmers and a fertiliser company, students were faced with questions such as; what is agriculture? what are the issues related to agriculture? what types of research are needed? I hope students were motivated by discussing the questions here. 

Agriculture is an industry that deals with great nature. The role of agricultural scientists is huge. My students should understand that. I am very thankful for the farmers and the fertiliser company that helped us a lot during the training of my students. 

ニュージーランドサマーキャンプ【NZ Summer Camp】

posted Mar 7, 2019, 12:52 AM by Yoshitaka Uchida

何度目になるでしょうか。私を育ててくれたニュージーランドに学生を連れて行く、楽しいサマープログラムをやってきました。少しの間北海道の冬を忘れて、英語を学び、大規模農業や豊かな自然に触れ、先生方の講義を聞いたりするプログラムです。二週間くらい、大学の支援も少しだけ受けてやっています。

今年の子達は少しおとなしいな、というイメージでしたが、いろいろ学べたと言ってくれた子もいましたし、英語がみるみる上達したな、という子もいました。それなりの成果がありました。教科書では学べないようなことを現地の方々が話してくれたのが印象的だった、という感想もいただけました。うれしい限りです。

今の時代、留学は必要ない(ネットでなんでも出来ちゃうし、翻訳ツールも発達していますから)、という意見もたまに聞きます。そもそも留学して英語が話せても、いざ議論が始まると何も話せない、という子がいて困っているという話も聞きました。留学へのハードルが低くなり、目的も無く海外に行っては意味が無いという意見もあります。

私は、留学したいという子には、とりあえず行ってみな、と言います。なぜかというと、新しいことを経験できるからです。そのことで、自分の将来を考えたり、幸せを考えたりするときに、ちょっとだけ違う視点で物事を考えたり出来るようになる場合があります。自分がストレスを抱えたり、厳しい状況に置かれたときに、柔軟に考えられる人であることは重要です。ただ、新しいことを経験しても、何も変わらなかったり、それが受け入れられなくてつらくなっちゃったり、という人がいるのも事実です。そのリスクが無いと、そもそも新しいことなんて経験できないのではないでしょうか。

とにかく、今年もすばらしいプログラムに貢献してくださった、母校・リンカーン大学の先生方とスタッフに感謝です。

Another "summer program" was on, recently. I brought a group of students to New Zealand. The students were getting out of Hokkaido winter for a few weeks, studying English, experiencing and learning NZ style farming and nature from local professors. Hokkaido University provides a small fund to do this, and the program was on for two weeks. 

The group was rather quiet this year, but I received a few positive feedback. A student told me that she learnt so much in NZ. Another student markedly improved his English. A student also said to me that he was used to learning only from textbooks, but in NZ he gained more from the real issues that professors are aiming to solve. I am pleased to hear those comments. 

Some may say that "learning in overseas" is not necessary anymore due to the development of internet and translation tools. I also heard that some have studied overseas but have not improved their discussion and communication skills. These days, our government supports studying abroad too much, and some may think that many go overseas without proper goals. 

Well, I agree with some of the statements above, but when a student comes to ask me whether she/he should study abroad, I always say "go ahead!". A reason is she/he can experience something new. The new experience will help that person when she/he thinks about the future and happiness. Also, the new experience will help us to feel differently and flexible when we are under stress or in a difficult moment. I do know that some never change even when they experience something new or also do not accept anything new and have a tough time studying overseas. It is a risk. Risks come with the new experiences anyway. 

Okay, enough for now, and here I would like to sincerely thank all of the Lincoln University staffs and professors who helped this great program. Thank you. 

1-10 of 116