Blog

Our lab's research topic is 'Environmental Biogeochemistry'. This is simply because Dr Uchida has PhD in 'Environmental Biogeochemistry' and we think we need to explain 'what we research' more in details. In this blog, we may cover recent scientific news or may explain some of the research topics we are interested in. 
 
このブログでは、内田研究室のテーマである「環境生命地球化学」に関する話をつらつらと書いていきます。たまに脱線していますが、この研究室が何をやっているのかな、ということがなんとなくでもわかればよいと思っています。

春と農業の現場【Spring and agricultural fields】

posted May 21, 2018, 5:36 AM by Yoshitaka Uchida

 北海道の農場にもようやく春が来た、という感じになってきました。本州から比べると一足遅いですが、畑地の作物は一斉に芽を出しているし、草地の牧草はぐんぐん成長してきています。それと同時に私たちも忙しくなってきます。前にも書いていますが、農業は「現場」で起こっているんだ!と言うのは簡単ですが、この「現場」に役立つ科学を研究するのはとても大変です。正直なところ、現場とはかけ離れたことばかりやっている研究者が多いのが現状です。
 なぜか、という理由はいろいろあるのですが、一つは研究者のコミュニケーションの無さだと考えています。これから現場に役立つかもしれない研究をしていても、それを実際農場でテストしてみる、となると、農家さんにお願いしなければいけませんよね。ということは常日ごろから農家さんとコミュニケーションを取っていなければいけません。そうすれば、いざ、というときにお願い出来ます。この新しい肥料、ためしてみて、とか、新しい種をまいてみて、というようにです。研究者である我々は、なかなかこういう風に現場で働いている人にお願いする、ということが出来ません。そうならないようにするために、私は学生と一緒に毎年様々な農家が集まる勉強会や会議に参加しています。講演をお願いされることもありますし、ただ聞くだけだったらお手伝いするだけだったりすることもありますが、ここで作った農家さんとのコネクションは非常に役立ちます。
 もう一つの理由は、現場の試験はコントロールしにくい、ということです。実験室で実験を行う場合、自分でコンディションを整えることが出来ます。自分の好きなタイミングで好きな測定が出来ます。ところが、現場はそうはいきません。農家さんの都合や、天候、それから自分自身のキャパシティ(体力など)によって、出来ると考えていたことが出来なくなったりすることがしょっちゅうあります。そのため、そういった試験や実験を行うことに、躊躇してしまっている研究者が多いわけです。短期間で成果を求められる学生や若い教員などは特にそうではないでしょうか。こういう場合は、リスクを冒してまで現場のためになる実験をしたいのか?という哲学的な問いに対して、研究者としてどう答えるのか、ということになってきます。私は、たとえうまくいかなくても現場重視の研究者でいたい、と心から思っていますので、はい、という答えになりますし、学生がそういう風に冒険できるように、いろいろな面で環境を整えていかなければいけないな、と思っているわけです。

   Spring has arrived in the agricultural fields in Hokkaido. The timing is a bit late compared to Honshu island but we see buds germinating in many fields. The grass is growing vigorously too. I have written this before but we want to do good research directly applicable to these fields but often it is very difficult and many scientists are doing things nothing to do with agricultural fields. 
   There are many reasons but one of them is the lack of communication skills of scientists. Many scientists may have some "seeds" which can be really useful for the fields. However, if they want to test those in fields, scientists have to communicate and convince farmers in the field. For example, scientists may ask farmers to test some new seeds or fertilizers in their fields. Many scientists simply do not communicate with farmers like this. I and my students often attend meetings and workshop organized for farmers. I often talk in front of farmers but sometimes we only sit and listen to farmers or simply help them to make sure the meeting goes smoothly. The connections with farmers, developed during these meetings, are very helpful to do field level studies. 
   Another reason is that field level experiments are hard to control. In a laboratory, we can control the condition of the experiment and we do measurements whenever we feel like doing them. However, at the field level, farmer's decisions, climate and our capacity (physical) control and unexpectedly modify our measurement plans. Thus, many scientists are reluctant to do this type of experiment. Students and young professors are particularly so because they often achieve something significant in a short time. In this case, scientists need to answer this philosophical question; do we want to do something really good for farmers by taking a big risk? I always say YES to this question and I am trying my best to make sure students can comfortably take a risk to do things at the field level.

トレーニング【Training】

posted Apr 30, 2018, 6:05 PM by Yoshitaka Uchida

 4月に入ってきた新入生達を主に対象として、いろいろとトレーニングをしています。今回は、土から遺伝子(DNA)を抽出する方法についてみんなで学びました。土から遺伝子を抽出することで、今まで重要であるとされていながら、具体的なことがあまりわかっていない微生物の力について調べることが出来ます。
 実は土からのDNA抽出法にはいろいろあるのですが、土のタイプによってうまくいったりいかなかったりします。そのため、やっぱりいろいろな方法を試してみる必要がどうしても出てきてしまいます。それから、簡単だけどコストがかかったり、DNAがたくさん抽出できても、バイアスがかかっている(一部しか抽出できていないとか、、、)とこれはまた問題です。
 今回は、クロロホルムなどちょっと危険な臭いの強い薬品を使う方法を試しているので、みんなで一緒に勉強しているところです。まだまだ危なっかしい学生達が多いですが、いろんなことに慣れていって、どんどん自分の分野を切り開いて欲しいです。

   I have been training new students. This time, we learnt how to extract genes (DNA) from soils. We can research the role of microbes by extracting DNA from soils. We all know that microbes are important in soils but many details are still unknown. 
   There are several methods to extract DNA from soils. Depending on the soil types, some methods work better than others. Thus, we need to try different methods anyway. Also, the cost-performance and the bias during the extraction (sometimes only a part of DNA can be extracted from a soil) have to be taken into consideration. 
   We used a nasty chemical such as Chloroform in this experiment. Thus, we all try to learn from each other. Some students are still struggling, but I hope they will soon get used to dealing with these methods and expand their research further. 

4月は忙しい【Busy April】

posted Apr 21, 2018, 6:24 AM by Yoshitaka Uchida

 いろいろ忙しくてもう4月も後半となってしまいました。去年度は5名の卒業生を出すことが出来ました。教え残したことも沢山あります。でもきっとそれぞれの分野で活躍できると思います。心から応援しています。3月末~4月頭にかけてはいろいろと忙しかったので、なんだかあっという間に過ぎてしまいましたが、こうやって物を書きながら思い返してみると急にちょっと懐かしく思ったりします。

 4月からは、いろいろと新しいプロジェクトが始まりました。荒廃地の回復に関するもの、自然栽培に関係したもの、それから家畜の糞尿関係、今までもやってきているテーマに近いですが、具体的に動き出した年となりました。そして道外から、国外から、どんどん学生が入ってきて、チームもにぎやかになりました。彼らが成長していくのを見るのが本当に楽しみです。

 そして当たり前ですが、また今年もどっと新入生が私の学科に入ってきて、授業も忙しいです。大学2年生から学部を決めるという制度がある大学ですので、農学部になって、専門的なことにたくさん触れて、成長していって欲しいです。どうやら私の学科に入るのはなかなか競争が激しいらしく、かなりの競争を勝ち抜いてきたようです。これからはでも成績ではなく、もっと違った意味で人は「評価」されていきます。それは自分自身の評価でもあるし、他から見てもそうですよね。そういう成長を目指してほしい。

   I have been so busy and cannot believe it is already the end of April. In the last fiscal year, five students graduated from the team. I feel like there were a lot of things I failed to teach but I really wish their best for their future. A Japanese fiscal year ends at the end of March so my schedule has been very tight so far. Writing something like this suddenly brings back a lot of good memories with them. I do miss them. 

   Many new projects have now started. One related to the recovery of degraded soil, another about natural farming and the other is related to the use of animal excreta. We have been researching these topics for a few years but now the projects are actually starting more seriously. We welcomed new students from other parts of Japan as well as from overseas. I am looking forward to seeing they learn a lot of new things. 

   Also, my lecture schedule is tight too since new students started in our department. Students in our University determine their departments when they enrol the second year. Thus, they suddenly start learning about "agriculture". I hope they will like the topic and will continue learning. I heard there is a huge competition to get into the department which I belong to. Thus, they are good students indeed. However, I want to note that a person's reputation or achievement is not really related to their ability to get good marks. When a person becomes adult, others see his/her value in different ways. It is important that each student will realise this as she/he ages in University...  

ニュージーランド・サマーキャンプ【New Zealand Summer Camp】

posted Feb 28, 2018, 3:49 PM by Yoshitaka Uchida

 今年も、8名の学生を引率して、私の母校であるニュージーランド・リンカーン大学で2週間の短期コースを行ってきました。これは、私が北大に採用されてから、毎年とはいきませんが、出来る限り夏に行っているイベントです。なぜこんなことを始めたのか、というと、一番は単純に海外を見るチャンスを学生に与えたかったからです。特に、農学部の場合は世界の農業を見て知ることが私は大切だと思っています。リンカーン大学には付属の農場や農業研究に特化した研究所がたくさんあり、そういった場所を見ることによって、日本の学生はいろいろと感じることが出来ると思っています。

 そして、もっと大切なことは、大学生活の早いうちに海外を見るということです。大学生活も後半になってしまうと、研究室に配属されて忙しくなってしまっていたり、就職への道筋がもう狭まっているように感じていたりして、なかなか海外にいってもぶっ飛んだ刺激を受けることが出来なくなってくると私は思います。年を取る、、、というと少し違いますが、大人になってしまう前に、、、というアイデアです。例えば、大学2年生のときに海外に行って、やっぱり海外で修士課程をやりたい!という夢を持ったら、まだ準備して間に合いますからね。

 そんな感じで、今回も一緒に来たのは大学2年生7名と大学3年生1名です。午前中の英語学校での授業では、厳しい先生だと心が折れそうになった、という話もしていました。可哀想ですがそれもまたいい経験です。午後は私や私の古い友人や先生達のアレンジで、農場や研究所を見て回ったり、グループワークをしたりしました。アレンジしてくれたリンカーンの方々に本当に感謝です。

 来年、再来年、と、このプログラムをさらに発展させていきたいな、と思っています。

   I and eight students visited Lincoln University, New Zealand for two weeks. Since I started working at Hokkaido University, I have been trying to do this course every year in New Zealand summer time. One of the major reasons for this is because I wanted to give a chance to my students to see overseas. For agricultural students, it is extremely important to see how farming is done globally. Lincoln University has many farms and research institutes attached to it. My students see them and learn a lot of new things from them. 

   More importantly, I would like to take early stage undergraduate students to overseas. Towards the end of their course, students tend to be busier, because of their thesis research or job hunting. Thus, it is almost impossible to turn their lives around and do something new. It is not because they are aging but because they start becoming the adults. For example, second year undergraduate students can still choose to do their master's in overseas if they start dreaming about it after they visited overseas. 

   Thus, I took seven second years and one third year to this trip. They had a hard time learning at the English school in the mornings but in the afternoon, I and local friends and professors that I know arranged field trips and group works. I thank all of them for their helps. 

   I would like to continue this for the next few years, making it better and better. 

ザンビアプロジェクトのこれから【Project in Zambia - from now】

posted Feb 1, 2018, 11:15 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai

 もう2月ですね。今日、うちの修士学生は修士論文を提出しました。本当にうれしい限り。
 ザンビアでのプロジェクトも、だんだんと勝手がわかってきて、出来そうなこととそうでないことを分けて、しっかりと実現させていこう、という感じになってきました。私たちはアフリカ・ザンビアの鉛汚染地域の修復に向けたプロジェクトをやっています(リンク)。なかなか大変なプロジェクトで、ずっとどうしようかどうしようか、と悩みながら数年経っているような状態です。
 でも去年の末頃から、現地に学生やポスドク(若い博士)を投入し、いろいろと動いてもらうことが出来るようになってきました。私たちが目指すのは、まずは土の生成、そして植物の再生です。写真のように、鉛汚染地帯は草が生えない場所も多いです。これには、単に汚染の問題だけではなく、乾季が長いザンビアの気候や、水はけが良すぎる/悪すぎるザンビアの土壌物理的な特徴も関係しているのです。
 ですから、私たちはしっかりと土を理解し、植物を調べ、新たな生態系をデザインするような実験を考えています。今年もザンビアを良くしたい。出来れば4月から来る新しい学生の一部にも手伝って欲しいです。

   February already. My students have just submitted their master theses today. I feel wonderful. 
   Our project in Zambia has been progressing well. We started identifying what we can and cannot do on site, which is a very important thing when we run a project in Africa. As I noted before, we are running a project to mitigate heavy metal contamination issues in Zambia (Link). It is not an easy project and it sometimes stresses me out but is a rewarding project.
   We managed to place a student and a postdoc on site and they are working so hard to progress things. We aim to form good soils on site, to recover plant ecosystems there. As the picture speaks itself, recovering plants on contaminated sites is not an easy task. In my opinion, it is not just heavy metals but we have to consider extensive drying season, water permeability in soils and so on. 
   We should understand the soils better. We should research about local plant communities. Then, we have to design the new natural ecosystems there. I will do my best to make the situation better. I hope to get some help from new students who I expect to host from April.  

論文を書く【Writing a thesis/paper】

posted Dec 15, 2017, 6:16 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai

 一年も終わりに近づいてきました。私たちのチームでも卒業を控えて一生懸命みなさん論文を書いています。英語で論文を書く、ということが私たちの一つの大きなミッションです。前にも書きましたが、研究は世の中に伝えて初めて研究だと私は思っています。そして、世の中というのは世界です。だから英語なのです。
 でも、初めてやった研究や実験にはどうしても穴があったり、納得できない部分があるものです。それでも書かなければいけないということになってくると、なかなか難しく感じるようです。私が思うのは、研究というのは永遠に続けなければいけないので、実験の穴や納得できない部分は、将来にとっておくのが一番だと思います。そうやって科学は前に進んでいくのではないでしょうか。
 今年度はチームが大きく入れ替わる予定です。でも、出ていくメンバーが夢を持って前に進んでいくのを見守るのはとても嬉しい気持ちです。ある意味、私はもう夢をかなえてしまった人かもしれませんから、まだまだこれから、という若い人をどう育てるか、いつも考えています。

   This year is almost ending. Many of the team are working hard, writing their graduate theses/papers. One of our great missions is to write it in English. I have stated this before but a research needs to be reported towards the world. This is why we have to write about our research. 
   At the same time, I understand that in a research done by him/her for the first time, there are always small mistakes and regrets which he/she feels uncertain about. Then, he/she struggles during the writing stage. However, in my opinion, we have to continue our research anyway so we can leave these things for future. This is how science is moving forward. 
   In the next year, many of our team will be leaving here. It is so nice to see them leaving here with a lot of hopes for future ahead. To be honest, a part of my dream has already came through, so I am always thinking about how to look after younger ones so they can have good dreams for their future.

台湾出張など色々【A trip to Taiwan and a few other things】

posted Dec 1, 2017, 5:28 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai

 少し台湾に行っていました。正直、今までアジアとのコラボレーションはあまりやっていなかったので、近くの国でありながらもあまり学術的な交流を行ってきていませんでした。今回は、農業と環境に関わる問題に関して、お互い交流を深めることが出来ました。台湾も、北海道と同じように、肥料成分が川や海に流れてしまう問題、原住民の文化と土地利用の問題、有機農業の評価方法に関する問題などがあり、興味深かったです。

 今回は主に花蓮と台中を訪問しました。どちらも素敵な街でしたが、田舎でのんびりした花蓮に対し、大都会台中、という感じでした。また行って、まだ行けていない台北や他のいろいろな場所を旅してみたいです。

 話は変わり、先月は一か月、ザンビアのプロジェクト関係者を招へいしていました。初めて日本に来た方々に何を見てもらうか、いろいろ悩んで、いろんな方々の助けを借りて、なんとか楽しんでもらえたのではないかと思います。もちろん忙しかったけれど、価値のある交流になりました。うちの学生もいろいろ学んでもらえたのではないでしょうか。

 大学生の間に、異なる考え方に触れ、いろいろな文化を見て、体験することは本当に重要です。これからも学生のためにいろんなところからいろいろな人を連れてきて会わせてあげたい。将来何をするか、何が必要とされているのか、ということを広い視点で知るきっかけにしたい、と強く思っています。

   I have been to Taiwan for a week. Collaborations with Asian countries have not really been on in my team so this was a good opportunity for me to get to know each other, in relation to our agriculture and environment related issues. Similar to us in Hokkaido, Taiwan has issues of nutrient loss from farms to rivers and oceans, traditional culture and the land use and the evaluation of organic farming systems. It was a very interesting experience. 

   Hualing and Taichung were the main cities that I traveled this time. Hualing was more like a rural city while Taichung city was big and lively. I hope to visit there again to see more. 

   Changing the topic, I have been hosting visitors related to our Zambian project, for a month. We planned well to make sure they visit many places and experience a lot of things while in Japan. I hope they had enjoyed the stay. I was very busy last month but it was all worth it. I hope my students experienced Zambian culture a lot too. 

   It is extremely important to expose ourselves to different type of thoughts/people/culture when we are young. I really hope that I should invite more and more people from other countries for my students. Students should think what they want to do in their future, from the wider view/perspective. Also they should know what type of people are needed by the world. This type of experiences is essential to achieve that. 

収穫の時 【Harvest time】

posted Oct 7, 2017, 5:17 AM by Yoshitaka Uchida Hokudai

 年を取れば取るほど一年が早く感じる、と言いますが、、、一年も終盤に差し掛かってきました。北海道はあっという間に紅葉が始まり、そして雪が降ってきます。紅葉を見ることが出来るのもあと少しでしょう。最近は、ある実験のためにトウモロコシやクローバーを収穫しました。北海道大学はキャンパス内に農場がありますから、農作物を使った実験がとてもやりやすいという利点があります。どんな結果が出るか楽しみです。
 それから、学部の二年生と泊まりで語り合う会、大滝セミナーにも行ってきました。当たり前ですが、二年生はいつも19、20歳なのに、大滝セミナーに行く私は毎年確実に年を取っています。学生と朝まで語り明かしてやる、と意気込んでいた20代の私はどこへ行ったのでしょうか。ただ、二年生はとても素直で、海外に行っていた私の長話をうんうんと聞いてくれました。自分の好きなことをしっかり極めて、いい大人になってほしい、と心から思いました。
 秋は、科学者にとって大事な季節でもあります。来年度の予算のための申請書を書く時期です。私も時間をあまりかけられませんでしたが、温めてきたアイデアを幾つか形にしています。農業を良くするために、環境を良くするために、とりあえずお金が必要、という人間社会の悲しい現実ですが、しっかりやります。

   As a person ages, one year passes faster. It is almost the end of year, already. In Hokkaido, leaves change their colour rapidly in this season and then snow starts. Recently, we harvested some maize and clovers, for an experiment. Our campus has a farm thus it is very easy to obtain these materials. I am looking forward to the results. 
   Also, I and a student went to the Otaki seminar. Staff members and the second year students from our division spend one day together to get to know each other well. Strangely enough, always the second years are either 19 or 20 years old but for sure I am one year older, every time when I go to the Otaki seminar. I used to try to stay all night, talking with some students. I do not have that energy anymore... Well, the students were so nice, listen to my story in overseas. They wanted to know a lot of things from my experiences in New Zealand. I hope they can stay on doing whatever they love to do... and grow up as good adults. 
   The autumn is an important season for us, as scientists. We normally write a few proposals for the next fiscal year. I could not spend a lot of time on my proposals but yes I finished a few. Unfortunately and sadly, we all need money to make things better. I will do my best.  

仙台で学会【A conference at Sendai】

posted Sep 12, 2017, 4:27 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai

仙台で土壌肥料学会がありました。日本に帰ってきてわけも分からず上司にいわれるがままに入った学会なのですが、もうそれから7年くらいになってしまいました。私の学生も、がんばって定期的に参加してくれています。うれしい限りです。最近は、この学会をどう盛り上げようか、と考えることが多くなりました。果たして最初にこの学会に来た最初の学生や若い研究者が、楽しいと感じているのだろうか、と悩んでいます。学会というのは、自分の先生に会えたり、昔の友達と会ってわいわい騒いだりできる楽しい場所ではあるのですが、それが度を過ぎると「内輪」で騒いでいるだけ、外から見ると閉鎖的、と捉えられてしまいます。これはよくないことです。
 ポスター発表や口頭発表でも、顔見知り同士だけが話したり、議論したりしていては、この学問自体が発展しないわけです。そんなわけで、私自身も、今まで知らない人となるべく話すように、そして、学生たちもそのような活動をして、視野を広げてほしい、と感じています。学会とはそういう場所であるからです。
 土や農業の分野は、まだまだ研究が未発達です。どんどん若い人がチャレンジするべき分野なのですが、学会が「初めてきた人にとって楽しい」というのは非常に大切なことだと思っています。今回、私は微生物の部門で座長を務めさせていただいたこともあり、新たなコネクションがたくさんできました。名刺を見返して、連絡を取って共同研究などを進めたいと考えているところです。
 写真は仙台で見た、滝、です。

   We had a soil science and plant nutrition conference, at Sendai. I was basically dragged into this conference by my previous boss but it has been 7 years since then. My students regularly attend the conference and am very happy about it. I am wondering how can I make this conference more appealing. I am afraid whether first timers enjoy this conference or not. Of course, it is nice that we can catch up with our supervisors and friends through this conference, however, if that is the main purpose of this conference, the first timers think that this conference is conservative and not enjoyable. This is not what I want. 
   During the oral and poster sessions, if we are only talking or discussing with somebody we already know, it does not develop this scientific area. I often try to meet somebody who I do not know throughout this conference and I want my students to do the same. This is what the conferences are for. 
   Soil and agricultural science is still developing. More and more young ones are needed in this area. Thus, this conference has to be 'fun' for them. I was one of the chairs for the microbial sessions, for the first time. I met a lot of new people in this session and am trying to start some interesting collaborations with them. 
   I also managed to see some beautiful spots during my stay at Sendai (like the photo). 

川を調べる【Study a river】

posted Aug 15, 2017, 4:30 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai

 今回は、研究室総出で行った調査の話をしたいと思います。私たちは、以前にも書きましたが窒素の循環に関する研究をしています。窒素の面白い部分でもあり、難しい部分でもあるところは、水に溶けたりガスになったり、いろいろな形になって環境中をうろうろしている、ということです。例えば、畜産を環境を省みないで行うならば、糞尿由来の窒素が川に流れ、いずれは海に入り、漁業へ影響を及ぼす可能性があるのですが、その流れている間に一部の窒素はガスになって除去されるわけです。
 こういったプロセスが、川の周辺でどんな風に起こっているのか、を調査するために、キャンプをしながら山に立ち入っています。場所は北海道の東側のある川です。学生たちは協力しながら、危険の無いように調査しました。川の周辺といっても、竹林だったりミズナラ林だったり、湿地だったりと、いろいろな植生が観察されます。こういった植生が窒素のガス化能力を変化させているのは間違いないでしょう。
 どういう風に川を管理すればいいのか、ということを考えるための情報の一つとして、こういった試験は大切ですが、チームとして調査をすることで学生間に連携が生まれるのも見ていて幸せです。

     Here I talk about a field study, conducted by the whole team. We study nitrogen cycle, as mentioned earlier. Nitrogen becomes soluble to water as well as several types of gases, and this characteristic makes things difficult but also interesting. For example, livestock farming without concerning the impact to the environment can negatively impact fishery industry through nitrogen leached to rivers and oceans. However, some of the nitrogen becomes gas during this process (nitrogen goes from farms to ocean). 

     We are interested in how these processes are occurring along a river. We camped and investigated the soil along the river. The river was on the eastern side of Hokkaido, and my students cooperated well, to be safe. We found bamboo trees, some broad leaf trees as well as wetlands. I am sure these different ecosystems differently influence how nitrogen becomes gases. 

   This research is important to understand how to manage rivers. Also, I loved seeing students helping each other during this type of big field survey. 

     

1-10 of 99