Blog‎ > ‎

ドイツへ【To Germany】

posted Oct 18, 2015, 6:13 AM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 もう一週間も前になってしまいますが、ドイツへ行っていました。なぜかはわかりませんが、私はドイツの人と自然と親しくなることが多く、初めて学会でヨーロッパ(スイス)へ行ったときもドイツ人達と論文を書くことになって、その後も親交が続いていたり、つくばのポスドク時代になぜかいろいろあって私が指導することになった留学生もドイツ人だったりします。
 ドイツは、ベルリンやミュンヘンなどはやっぱり大都会で、車も人も多いのですが、ちょっと郊外へ出ると非常にのんびりしています。そういう静かでのんびりしたところがドイツの好きなところです。
 今回の訪問の目的は、大学間の連携を深めるためでした。特に、微生物の研究分野でいろいろと連携出来たらいいな、と思い、私の研究室で一番微生物研究が得意な学生も一緒に行きました。それにしても、研究者のレベル、研究所の機器の管理方法や利用効率などなど、ドイツはレベルが非常に高く、はっきり言って私の今いる大学は何をやっているのだ、という気持ちになってしまいます。若い学生が、こういう雰囲気の場所に触れられるというのはすばらしいことだと思います。

   It has been a week already but I have been to Germany. For some reasons, I have strangely well connected to Germany, writing papers with German scientists, as well as supervised a German exchange student, a few years ago when I was a postdoc scientist. 
   Big cities in Germany are actually very noisy, full of traffic and people however, suburbs are very quiet and beautiful and this is why I like Germany. 
   The reason for this particular visit was to strengthen the connection between Universities. Particularly, I am interested in the collaboration in the area of microbiology so I took my student, who has a lot of skills and knowledge on microbiology. Well, research institutes in Germany are very impressive, in terms of the quality of scientists and the efficiency of their research activities. I am sure it was such a good experience for my student to experience this kind of atmosphere. 
Comments