Blog‎ > ‎

日本ニュージーランド会議 【Japan-New Zealand Meeting】

posted Dec 26, 2014, 10:20 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 札幌で、先日「日本ニュージーランド会議」が開催されました。テーマは、「食・農業分野における日・ニュージーランドのパートナーシップ」でしたので、私にもいろいろと関係しそうと思ったので行って来ました。北海道知事でいらっしゃる高橋はるみ知事の挨拶から始まったこの会議では、いろいろなテーマで議論が交わされました。キウィフルーツで有名なZespri(ゼスプリ)や、肉牛業界では有名なANZCOからは社長クラスが来ておられましたし、ニュージーランドからは在日大使に加えて農水省関係の方々などたくさんの著名人が来られていました。
 また、私の研究と関連性の深い酪農分野では、フォンテラ社から数名が来ていました。これからの日本の農業をどうするか、と考えると、確かにニュージーランドのやり方にはいろいろと参考になる部分が多いでしょうし、ニュージーランドにとっても日本はとても重要なマーケットであることは間違いないでしょう。いろいろ連携が深まるといいですし、私ももちろんぼんやり見ているだけではなくて、むしろ中心となってこういった連携を進めていかなければいけないですね。
 実は、昔の話になりますが、ANZCOは私の古いクラスメイト(大学時代のニュージーランド人の友達)が就職をしたので良く知っていたのですが、そのことを社長に話してみたところ、僕のクラスメイトのことを覚えていました。今は退職したようなのですが、クラスメイトに後で「社長に会いましたよ」とメールするとびっくりしていました。日本とニュージーランドは遠く感じますが、食や農業に限ると、いろいろな繋がりがあります。これからの展開に期待ですね。

   There was a Japan-New Zealand meeting held at Sapporo, where I live, a week ago. The theme was the partnership between the two countries in food & agriculture thus I had to attend the meeting. The governor of Hokkaido (Harumi Takahashi) started the meeting and it was a very productive meeting. The CEO-class people were attending from big companies such as Zespri (known for Kiwifruits) and ANZCO (meat industry). There were also people from the NZ embassy at Tokyo and from MAF-New Zealand. 
   There were people from Fonterra as well, who I can potentially collaborate with. I believe that there are a lot to learn from NZ, in terms of growing our agriculture industry and also for New Zealand, Japan is one of the biggest market. I hope the relationship will be expanded and rather than just "hope", I should "act" to expand the relationship. 
   I remembered that my old friend at Lincoln was employed at ANZCO while ago so I asked the CEO of ANZCO whether he remembers her. He did indeed, I told my friend that I saw her old boss and she was definitely surprised hearing that. It seems that Japan and New Zealand are being far away but when we talk about food and agriculture, there are very very strong bonds between us. 
Comments