Blog‎ > ‎

それでも別れは来る話【We still have to say goodbye...】

posted Mar 18, 2020, 4:29 PM by Yoshitaka Uchida
新型ウイルスの影響で、大学の卒業式という卒業式はキャンセルされ、なかなか厳しい状況が続いています。そんな中でも学生は明るく元気にやってくれているのはうれしい限りです。寒いですが、定期的な換気をしている学生や、外国人留学生を気遣う子もおり、助け合いの精神が見られているのは素晴らしいことです。

お別れ会など、グループで集まることも極力禁止ということでしたので、飲み会等ももちろんしばらくやっていません。事態がよくなることを祈るばかりです。私たちの大学でも特別なチームが作られ、対策を研究しているようです。私は専門外なので、がんばれ!と思うだけです。きっと休みなく24時間体制で働いている医学関係者がたくさんいらっしゃるのだろうと思います。

こういうときに「学術的な」意見や研究成果、というのをきちんと示し、わかっていること、わかっていないこと、正しいことや正しくないことを伝えるのは科学者の責任です。そのために科学者をやっている、と言っても過言ではないかもしれません。

さて、そんななかですが、私たちの研究室からまた去っていく子たちが居ます。技術職員さんや、学部、修士卒業の学生に加え、今年は初めて博士過程の修了生が我々のチームから誕生しました。なんて感慨深いのでしょう。自分が博士論文を書いていたのはちょうど10年前くらいになるのですが、もちろん大変だったし若干体もボロボロになったのですが、、、その裏で先生たちが能力の無い若い私を「ドクター」にするためにいろんな努力をしてくださっていた、といいうことを今になって知る2020年春の私です。これからもしっかり!亨!

ニュージーランドに行ってきた話(写真)はまた次回。

Because of the situation regarding the COVID-19, our University cancelled most of the ceremonies related to the graduation this year (usually graduations happen in March in Japan). My students are doing well, in general, and trying their best avoiding the infection. It is good to see that they are helping each other. 

We even had to cancel casual gatherings; thus, no parties this spring! I am praying for things to get better. Our University established a special team to deal with this situation, and scientists are researching to cope with the virus. This scientific area is not my speciality, thus only thing I can do is to encourage them. I am sure many medical scientists are working twenty-four seven. 

It is vital and the responsibility for scientists to tell people what has been understood or not been understood so far. I mean, to teach people the truth. Spreading the correct information is why scientists are called "scientists". 

Well, even though things are not easy, students are leaving the team. A technician and students who are graduating from an undergraduate degree and masters are going. Also, our team produces a PhD for the first time! I had been writing my PhD thesis about ten years ago, and that negatively influenced my health for sure. However, now I understood how hard my supervisors worked for me to make me "a doctor" despite my poor scientific talent. I wish all the best for my first PhD student, Toru. 

I will talk about our NZ trip next time (photo). 
Comments