Blog‎ > ‎

タイからの学生・送別会【Good bye party for Thai students】

posted Sep 14, 2014, 6:29 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
更新がずいぶん滞ってしまっていました。今回は、茜さんが記事を書いてくれました!
―――
 7月18日、カセサート大学の学生4人による研究発表会と彼らの送別会に参加しました。彼らは、今回初開催のサマースクールに参加するために北海道大学を訪れ、講義や構内にある農場での実習、さらに郊外学習を通して北海道の農業について学びました。
 発表会では、彼らが北海道でみつけたタイの農業の違いについて話してくれました。タイと日本では気候が大きく異なるので、栽培する野菜も方法も、見るものすべてが彼らには新鮮だったようです。なかでも彼らの目を奪ったものは田植え用の機械でした。タイも日本同様に米の産地で、現在タイでは米生産における機械化が進んでいます。しかし、ほとんどが収穫用で、田植え用の機械はあまり普及していません。今回機械のすばらしさを体験した学生たちが彼らの国でその機械の魅力を伝えてくれればと思います。
 発表会後の送別会では、農場でとれた野菜や牛乳、流しそうめん、ジンギスカンをおいしくいただきました。さらに、4人の学生が本場のタイ料理を作ってくれました。とても辛かったですが、病みつきになるおいしさでした。
 発表会・送別会ともにたくさんの農場関係者の方ととても素敵な時間を過ごしました。荒木先生、わたしたちをお招きありがとうございました。

On July 18th, we joined the final presentation by four students from Kasetsart University and the farewell party for them. They visited our university to take part in summer school for a month. This is the first summer school at Hokkaido University, particularly focusing on Agriculture. In this program, Thai students learned agriculture in Hokkaido through lectures, practical works at our experimental farms and excursion to suburb.
     At their final presentation, they talked about the differences between Thai and Japanese agricultural systems. Everything in Hokkaido was new for them. Above all, what fascinated them the best is a machine for paddy rice. Currently, their rice production has been mechanized and most people use harvester. However, rice planter is unfamiliar for them. I hope four students will widespread the use of rice planter in their country.
     At the party held by Prof. Araki and his students, we enjoyed nice meal, such as farm-raised vegetables, fresh milk, flowing noodle (nagashi somen), mutton barbecue and real Thai food made by four students. Thai food was really hot, but so tasty!
     We had a good time with all participants. I must say thank you to Prof. Araki for inviting us.
Comments