Blog‎ > ‎

デンマークへ【To Denmark】

posted Jul 26, 2019, 7:02 PM by Yoshitaka Uchida
授業が忙しい春が終わると海外出張が幾つも入っていて、気がつけば一年が終わる、というのがここ数年続いています。いろいろな業務や締め切りに追い詰められるようにして一年を終えるというのは、質の高い仕事をするにはあまりよろしくないので、そうならないためにもこうやって書き残しておきたい。といいつつ、デンマークに行った後にすでにかなり出張してしまっていて、出遅れた感じです。

デンマークに行ったのは、学生の実習を助けるためです。私が所属する学院では、学生は海外で何度か実習をすることになっていて、それはそれでいいのですが、やっぱり先生たちが付いていく必要があるみたいです。正直、先生が付いて行ってしまうと実習の意義が半減するような気もするのですが、なかなか日本の大学は学生を「大人扱い」しないのです。

そんなことはともかく、デンマークという国は、狭い土地でどれだけ農産物を作ることができるか、ということを極めた国でした。農業は大切ですが、例えば北海道を全部農地にすることは出来ません。そうすれば、生命のバランスは崩れ、水や大気は汚れ、地下水は枯渇し、病害や土砂崩れなどの災害も多発して人類は暮らしていくことが出来なくなります。なので、批判を恐れずに言うならば、そうならないギリギリまで農地を作ってみました、という国がデンマーク。

しかし、その一方で(というよりギリギリを攻めているからこそなのだが)、農地へ投入される肥料や水の使い方、有機栽培のあり方などは極めて細かく管理され、見事な「現代的農業」の一つのあり方を示していました。ヨーロッパの「我々はこうやって人類に食料を提供しているのだ」というある意味では本気を見せていただいた、という気持ちになりました。土地の7割を森林に囲まれ、豊かな自然の中に暮らす日本の私たちは、食料の多くを輸入することで自分たちの体を維持しています。食料生産がやばい、環境がやばい、と繰り返し授業をしてきているのですが、私の授業だけではわからない何かを学生達も感じてくれたのであれば、とてもうれしい。

A year ends with so many oversea trip schedules straight after spring (with a lot of lectures). This is how I had been spending each year for the last few years, and I feel like I need to make sure I am not being chased by a lot of “dues and duties” all the time. I still want to do quality jobs! This is one of the reasons for this blog, recording what I had been up to. However, I have to say I have already done so many works after my trip to Denmark (so I am being chased by “update my blog feeling” already).

I went to Denmark to help my students’ field trip. Our graduate school requires my students to do oversea field trips. That is a very nice idea but I do not understand why us (professors and staffs) have to chase after them. We should treat our students as adults. 

Anyway, Denmark is a country that is trying to produce the most out of the small land area. Farming is of course very important, but we cannot convert all the lands into farmed area. This would result in the deterioration of life balances, with dirty water and air, depleting ground water and increases in diseases and other natural disasters. Lives will not be supported under these situations. Thus, arguably, Denmark is trying to push its land almost to the limit (increasing farm lands), with minimum impacts on life-supporting functions on the earth. 

Due to this fact, the use of fertilisers and water, the regulations of organic farmings are quite nicely controlled (in very details) and I really see why Denmark is often regarded as a country with successful/sustainable modern farming systems. Well, Japanese people live on the land with >70% forest cover, but we import most of our foods. I am repeatedly telling my students that “feeding the world” will be extremely difficult in near future, regarding the environmental impacts, thus I really hope my students felt something new based on my lectures plus this precious visit to Denmark. 
Comments