Blog‎ > ‎

新しいチャレンジ【New challenges】

posted Nov 8, 2018, 1:39 AM by Yoshitaka Uchida
北海道は一気に寒くなり、銀杏並木の見ごろももうすぐ終わり、といったところです。私達チームは忙しくデータ解析を行いながら、冬~春に学会発表をしたり、新たなプロジェクトを始めるために一生懸命です。チームは三年生を迎えたり、インターンの学生を受け入れたりしていて、にぎやかなまま年末年始を迎えそうです。

私は先日ドイツに行き、学会に参加すると同時に前からずっと行ってみたかった研究所や大学を訪問してきました。ワインと生物多様性に関する研究を行っているチームや、光合成を行う土壌細菌を研究しているチームと初めて会い、交流し、一緒に今後コラボレーションを進めていくためのきっかけを作ることが出来ました。私は学会などで海外に行くことが多いのですが、可能であればその前後や最中に、個人的に興味のある研究を行っている研究者やチームとアポを取り、一対一でお話させていただく、ということをやっています。今回もこれから発展していきそうな関係を築くことが出来たので、実りある出張でした。

それから、ドイツだけではなく、アメリカ、ケニア、マラウイ、ザンビア、日本の複数の大学や研究期間を巻き込んだプロジェクトを開始することも決まりました。これについてはまたどこかで詳しく書こうと思いますが、私がここ数年情熱を注いできたサブサヘルアフリカ土壌の改善を中心としたプロジェクトです。楽しみです。

Hokkaido is getting colder and colder. Beautiful yellow leaves of gingko trees are almost finishing off. Our team has been busy preparing data for upcoming conferences in winter and spring. New third years and an intern student joined the team, so a lot happening these days. 

I went to Germany recently and visited a few Universities and institutes. I communicated with teams studying wine and biodiversity, and photosynthesising microbes. These visits will be a start for new collaborations. I often travel overseas for conferences but often visit nearby research institutes and Universities in which I am interested. Because then I can talk to great researchers face-to-face. The visit to Germany was fruitful regarding the opportunities for new collaboration. 

Also, I am pleased to announce that we will start a new project with Germany, U.S.A., Kenya, Malawi and Zambia (and a few Japanese research institutes). I have been researching the improvement of soils in sub-Saharan Africa for the last few years, so I am looking forward to organising this great project. 
Comments