Blog‎ > ‎

ザンビアで交渉する【Negotiations in Zambia】

posted Mar 15, 2017, 5:56 AM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 時系列が激しく前後しますが、1月末にザンビアへ行っていました。今回は一週間ほど。仕事としては主に交渉事でした。コミュニケーション能力が要求される仕事です。今の時代、科学者は常にいろいろな場所でコラボレーションしています。そういった予算も沢山動いています。でもコラボレーションから、どうやって益を得るのか、どうやって世の中を良くしていくのか、ということになると、なかなか難しく感じることも多いです。なぜなら、遠い外国の研究者とコラボレーションしても、しょっちゅう会えるわけでもないし、農業の条件が同じわけでもないからです。
 では、私達はなぜコラボレーションするのでしょうか。一つは、自分の視野を広げるためです。もう一つは、農業において特にそうですが、解決すべき問題は「現場」にあるからです。アフリカの問題は、アフリカに行かないと解決できるわけがない、私はそう思っています。
 そんなわけで、大切なのは交渉事です。例えば、現地の土地を使って何か実験がしたい、とか、土をこちらに輸入して細かい試験をしたい、とか、なんでも交渉です。こちらが正しいとか、こっちの方がお金を出しているのだから、とか、そういうことを言ってはいけません。なぜなら、コラボレーションとは双方の考えをマッチさせなければうまくいかないからです。こちらがやれと言ったことをやって下さい、という姿勢では前に進んでいかないのです。
 だって、それでは、こちらのお金がなくなって、プロジェクトが終わってしまったときに何も残らないからです。話が長くなりましたが、そのようなコラボレーションに関わる交渉事が出来る先生は非常に少ないと私は感じています。語学の問題ももちろん大きいですが、それよりもコミュニケーション能力です。相手がどんなことを考えているのか、感じているのか、どう出たらいいのか、もしくは黙ってた方がいいのか、、、そういうことを私は学生に教えたいです。

   Well, I have mentioned about my trip in February already, but I went to Zambia in January. I have been doing a lot of negotiations, for a week or so. It required me a lot of communication skills. Nowadays, scientists 'collaborate' in many different places. There are many budgets for the international collaborations. However, it is sometimes difficult to see how scientists can benefit from the collaborations. How can we make the world 'better place' through collaborations? We may not be able to see each other very often during the collaboration and agricultural conditions are entirely different in the various countries anyway. 
   So, why do we collaborate? In my opinion, it is to expand my view towards global issues. Another reason is that we target anywhere in the world, where problems exist, out in the field. I firmly believe we have to 'go' to the place where problems are, to solve the problems. 
   The important thing is to negotiate. We may want to use their land to do some experiments or to import some soils to do further analyses. Always negotiations are needed. We cannot say things like 'we paid for it' or 'you have to listen to us because we are right'. We have to seek mutual benefits. We cannot just tell other counterparts what to do. Otherwise, no project will go forward. 
   We want to see something left behind even when our budget ran out. Long story short, I feel like there are few professors who can do these kinds of negotiations. It is not only the language issue but it is all about communication skills. We have to feel how others feel. We have to see how others think. We sometimes have to push things forward but some other times we better shut up and do nothing. I have to teach my students these skills but do not know how to do that yet. 
Comments