Blog‎ > ‎

区切りをつける【Putting a break】

posted Feb 1, 2020, 3:31 PM by Yoshitaka Uchida   [ updated Feb 1, 2020, 9:53 PM ]
もう2月、ということでいろいろ焦ってしまいますが、近況を書いてみます。

今年はずっと関わってきた大型プロジェクト、SATREPS-KAMPAIが一応一区切りを迎えることになります。ザンビアの鉛汚染を観てきたプロジェクトです。私は環境チームをなんとかまとめるという仕事をしてきたのですが、自分なりにベストを尽くしてきました。

いろいろ嬉しい成果はありますが、ザンビア大や北大の学生たちのテーマとして、10以上の卒論や修論を生み出してきたプロジェクトとなったのは嬉しいことです。いつかきちんとまとめたいです。

学術論文もぽつぽつと出すことが出来て、それがまた見知らぬ誰かに読まれて新たなプロジェクトの可能性が生まれてきていて、そんなことも嬉しいです。アフリカに定期的に行くことになり、自分自身も少しだけタフになり、大きく成長した学生もいます。

この前行われたプロジェクト全体ミーティングでは、どうやってプロジェクトに一度ピリオドを打つか、という話も少しだけしました。私たちのグループは汚染地域に大きなフィールドを持っており、いろんな植物を植えたり、地下水を取って調べたりしているので、そのフィールドをどうするのか、ということが一つの論点でした。

ザンビアのKabwe。世界で最も汚染された都市のひとつとされている現状は変わっていない、、、。次のステップへ、いろいろ考えているところです。写真はこの前行ってとても癒された猫カフェ。笑

It is hard to admit that it is already Feb. 

In this year, one of the projects that I have been involved, SATREPS-KAMPAI, will end. The project aims to mitigate lead contamination issues in Zambia. My role was to lead the environmental scientists' group and I have been doing my best. 

There are number of great outcomes from this project. More than ten dissertations and theses were produced based on the project, both from Hokkaido University and University of Zambia. 

Peer-reviewed papers have also been published. The papers produce new connections with other scientists for me. These new connections are potentially new projects and sciences. I became a bit tougher, based on my regular visits to Africa and so as my students. 

We had a regular meeting for the project a few days ago, discussing how to put a break on this project. Our group has been managing a big field studies in Zambia, planting a lot of trees and researching underground water. We started talking about what to do with this site. 

Kabwe, Zambia, is still known as one of the most polluted cities in the world. We could not change this fact so far, thus we need to move on to the next step... By the way, the photo was taken at a "cat-cafe" in Japan, my favourite healing spot. 
Comments