Blog‎ > ‎

今年を振り返って【Looking back year 2015】

posted Dec 30, 2015, 6:54 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 今年も今日で終わりです。なんとなく形ばかりの大掃除をしているところです。2015年は、相変わらずの忙しさでしたが、とにかく学生が増えて、それぞれきちんと実験を進めていくように見守っていたな、というのが正直なところです。日本の大学のとてもいいところ(少なくとも私が教えている学部や学院で)は、大学4年生や修士課程の後半部分に、授業がほとんど無いというところです。ですので、その間に非常にしっかりとした実験をすることが出来ます。でも、どうしてもそうすると、授業とは違って遅刻して単位が取れないといったことが無くなってしまいますから、朝もゆっくりになってしまったり、アルバイトをたくさんしてしまったりするわけです。でもそれだと、なかなかいい実験は出来ないし、いろいろなことが遅れてしまいます。

 私の尊敬するあるドイツの学者によると、最近の実験は「実験3割、データ解析や執筆7割」くらいじゃないと最先端の実験は出来ない、ということでした。私もその通りだと思います。学生の実験をどれだけシンプルにして、最先端機器から出てくるデータをどう解釈するか、何が起きているのか、議論し議論し議論し、書く。書いて書いて書く。ということを教えるのは非常に大変です。

 つまり、スマートに実験をし、しっかり書ける、というのが次世代の科学者なのですが、そのような人をどう育てるか。試行錯誤をした2015年でした。単に、あれをやれ、これをやれ、と言っていても、言われたことをやる人間は育てられますが、科学者はそうじゃダメなんです。言われなくてもやれなきゃいけないし、ダメと言われてもやるくらいの人じゃないと、たぶん地球はよくならない。

 今まで、科学者ってたくさんいて、いろんなことをやってきているけれど、これからの世界は相当効率よくお金を使って、データをしっかり解釈出来る科学者をもっと増やさないと、科学者の立場というか、なぜ私たちが居るのか、という存在意義みたいなものさえ揺らいで来るかもしれない、と思ったりします。

 来年は引き続き、しっかりとした教育を行っていきます。それが大学の先生の役目だから。内田研一期生は修士2年になりますから、それぞれの将来が見えてくる時期でもあると思います。楽しみでもあり、怖くもあり、という感じです。

 今年もたくさんの人にお世話になりました。みんなに感謝です。小樽でペンギンを見たり、すっかりホリデーの私です。

   The last day of 2015, am trying to tidy up my house (end of year big cleaning is a Japanese culture)... at least trying! I have been as busy as usual this year, particularly looking after increased students took a lot of my time. Normally, students during 4th year or the second half of their Master's degree do not have much lectures to take, in this country. Thus, they can purely focus on their experiments and it is really good thing. However, I see many students basically indulge themselves because there are no penalties for not showing up (to do experiments) or coming in very late in the morning, unlike normal lectures. Well, I think I have to make sure they do quality experiments/research during their final year. 

   One of my colleagues, who I respect, says top science should be 30% experiments and 70% data analyses and writing. I think it is totally true. I have to simplify students' research and make sure they spend a lot of time discussing, discussing, writing writing and writing!! 

   Work smart, and write well have to be a motto for top scientists but for me, I am still struggling to educate such people in 2015. To make the Earth better place, I cannot simply tell students "what to do" because they have to learn "to do" before I told them to do. Well, I believe some scientists should do what I teach "not to do" because I may be wrong! 

   I sometimes ponder why scientists exist anyway. If we cannot use our money efficiently (mostly tax payers' money) to make the earth better, we do not have to exist. I really want to educate such scientists who can conduct efficient research. 

   In 2016, I will continue educate and educate my team members. My 1st group of students will be 2nd year of their Master's degree. I am looking forward to seeing their future after they finish their courses off. 

   I would like to thank everyone for looking after myself and my team. See you in 2016. The picture shows penguins that I saw at a local aquarium. Cute. 


Comments