Blog‎ > ‎

冬の始まり【Winter has started】

posted Nov 23, 2018, 9:24 PM by Yoshitaka Uchida
ついこの間まで紅葉していたのに、札幌はこんな風になってしまいました。冬は、土を採ったりすることが出来ませんが、学生たちは実験に勤しんでいます。特に来年3月に卒業する学生は忙しい。

正直なところ、この時期は学生が書いたものを読むのがとても大変です。卒業論文や修士論文を英語で書くのがこの研究室の伝統ですが、どこからどう始めていいのやら、と日本人の学生たちは戸惑うので、手取り足取り教えていく必要があります。

私の先生(Timothy Clough先生)は、目次をしっかり作るように、とよく言っていました。今思えば、彼は極めて忙しいのに、文法はちゃめちゃな私の卒論、博士論文と、何度も何度も読んで添削して下さいました。私は今、学生たちに同じような質と量の指導を出来ているのかどうか。常に自問しています。

「先生がちゃんと論文下書きを読んでくれない」と愚痴を言ってくる学生さんがたまにいます。悲しいことだと思います。卒論は、学生さんにとって人生の大事な一ページです。必死に書いて、先生と議論しながら一つのものを作り上げた、ということは一生の糧になるわけです。私は先生に恵まれたので、卒論をがんばって書いた時期のことは鮮明に覚えています。あのときがあって今がんばれる。そんな気持ちになります。

Sapporo city, where I am working, is looking like this now. It is too difficult to sample soils now but students are busy doing experiments. Graduating students are particularly busy. 

To be honest, I spend so much time and effort reading students’ draft theses this time of the year. Our tradition is to write thesis in English but Japanese students normally confuse and do not know where to start. I have to make sure I spend time with them, teaching them what to do step by step. 

My supervisor (Prof. Timothy Clough) told me to start with the table of contents. Remembering my student days, he spent so much time reading my thesis drafts with terrible English grammar. I ask myself whether I do the same for my students now. 

Sometimes students from outside my team tell me that their supervisors do not read their thesis drafts in details. It is very sad. I understand that the graduate thesis is an important achievement for their lives. They will remember the efforts they put into the these for the rest of their life. I was lucky to have an awesome supervisor so I vividly remember my days writing the thesis. The memory pushes me up when I have a difficult moment. 
Comments