Blog‎ > ‎

国際窒素会議(メルボルン)【International Nitrogen Initiative Conference - Melbourne】

posted Dec 20, 2016, 7:10 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 国際窒素会議という、大きな会議に行ってきました。学生も連れて、オーストラリアはメルボルンでの会議でした。窒素という栄養素は、アミノ酸やビタミンの一部に含まれていて、私達にとっても非常に重要なのですが、地球全体を見渡せば、窒素はガスにもなり、水に溶けやすい硝酸という形にもなり、有機物にもなり、と、多様に形を変化させるため、なかなか理解するのが難しい栄養素でもあります。
 さらに、窒素は環境に悪影響を及ぼす可能性も高いとされています。例えば、ガスである亜酸化窒素は温暖化の原因の一つであるとされていますし、水に硝酸が溶けすぎると、飲めない水になってしまったり、そこに棲む生物を殺してしまったりするという報告がされています。
 そういうわけで、私達が窒素について考えるのは非常に重要なわけです。
 近年、「低炭素社会」という言葉が日本でも聞かれるようになってきました。要するに、二酸化炭素をあまり出さないで生活しようという考え方です。同じように、窒素も考える必要があります。私達が窒素を食べる、つまりタンパク質(アミノ酸)を摂取するときに、どれだけの窒素肥料が使われているのか、どれだけの窒素が環境に流れ出しているのか、そういうことを考えていこうよ、ということがこの会議では強調されていました。
 一方で、アフリカなど、窒素が「足りない」場所においては、そのための土地の荒廃や飢餓などが未だ問題となっていて、窒素の問題が多様であることも理解できました。私自身は、どの学会でもそうなのですが、東アジアの情報と世界をつなげて考えるための架け橋となって、沢山の打ち合わせに忙しく参加しながら、久々のオセアニア開催ということで、ニュージーランド時代の先生や同級生、後輩と話したりすることを楽しみながら、自分が連れていった学生がきちんと学べるように手助けをした、、、つもりです。

     I and some of my students attended the International Nitrogen Initiative Conference. It was held at Melbourne, Australia. Nitrogen is one of the most important nutrients for us, a part of amino acids and some vitamins. Looking at the global scale, nitrogen can be present as a gas, as a water soluble inorganic form (nitrate), and as an organic forms. Thus, it is difficult to grasp the cycling of this nutrient. 
     Nitrogen is also potentially harmful nutrient for the environment. For example, nitrous oxide gas is a greenhouse gas and excess nitrate in water might kill animals living in the water and reduces the quality of water for drinking. Thus, it is very important for scientists to think about nitrogen, globally. 
     "Low-carbon society" are keywords in many areas and countries these days and they simply mean that we have to live without emitting excess carbon dioxide. Similarly, in terms of nitrogen, we have to think how much nitrogen we use (or leach to the environment) per a mouthful of nitrogen (i.e. protein / amino acids). It was strongly emphasized during this conference. 
     Additionally, there are some areas where nitrogen depletion is an issue (e.g. some parts of Africa). Soil degradation or the loss of soil fertility are the issues in these areas and we realized that nitrogen related issues are variable. I tried to be a bridge between East Asia and other parts of the world, attending a lot of meetings during the conference. Also, it was good that I could catch up with a lot of my professors and colleagues from New Zealand. I also tried to make sure my students learn a lot during the conference... at least I tried...  
Comments