Blog‎ > ‎

砂場【Sandy soils】

posted May 28, 2018, 4:19 PM by Yoshitaka Uchida
 先日、ある実験をすることになり、肥沃度が少なく有機物も少ない土を探していました。イメージとしては、さらさらな砂のような土です。こういった土地にどうやって植物が生えるのか、とか、少量の有機物(堆肥など)をこういった土に入れたらどうなるのか、ということを研究したかったからです。
 もちろん砂と言えば、ビーチのような場所にたくさんあるのですが、例えばタバコの吸殻とか、ゴミとか、この辺のビーチはあまりきれいではないですし、さらに塩分の影響とかもあるのでちょっと実験には使いにくいな、と思っていました。
 一方で、北海道の一部の地域では、砂地を使った農業が盛んです。例えば長いもなどは砂地でよく育つとされています。そのような地域の農協に電話したところ、この町で砂を採取している場所がある(工事現場などで用いられるらしい)のでそこに行ってみたらどうでしょう、と教えていただきました。
 欲しい土の量はたいしたことなかったのですが、その場所に行ってみてびっくりしました。大型トラックがどんどん砂を運び出しています。こんな場所が北海道にあるとは知らなかったです。現場の方もとてもやさしくて、わざわざ私達のために機械を止めてくださいました。すいません、、、。

   We wanted to start an experiment using a poor fertility soil. In my image, I wanted a sand-like soil. I wanted to test how plants survive under these conditions and how organic matter application (such as manure) change soil's status. 
   We find a lot of sands on beaches for sure, but at the same time, we find cigarette butts and other rubbish thus I did not think the beaches are an ideal area to sample sands. Also, salinity can be an issue there. 
    At the same time, things like Japanese yams (sticky yam) grow well on sand, and I know there are farms in Hokkaido. Thus, I contacted the local agricultural office, and they told me that there is company sampling sand for construction purposes. 
   I was so impressed by what the company does on site. Huge trucks were running around and were carrying tonnes of sands everywhere. People were very nice there. They stopped big machines for us to sample a small amount of sand. I feel sorry for them because they usually sell tonnes of sand at a time but we only needed 50 kilograms or so. Thanks anyway.
Comments