Blog‎ > ‎

冬へ向けて 【Towards winter】

posted Nov 18, 2016, 12:25 AM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 私達のような、農家やフィールドを相手にした研究を多くする研究者の弱点というか、どうしようもない点は、冬になるとできないことが増える、ということです。どうしても雪が降ると、今まで歩いて行けた場所に行けなくなったり、簡単に掘ることの出来た土も凍って採取することが出来なくなってしまいます。というわけで、11月は、私たちも冬支度というか、冬に土の分析をするのであれば、今のうちに採っておかなければいけないし、何か外でやらなければいけないことがあれば、急いでやってしまわなければいけない、そういう時期です。
 例えば、私は先日、授業の合間を縫って、厚岸という町を流れる「別寒辺牛川」を調査してきました。川の水にも興味があるのですが、今回は、草地や湿地の土を採取しました。一緒に行った学生が、一生懸命ハンマーを降って、土の「コア」を取ってきました。コアというのは、円柱のようなもので、なるべく自然に近い形で土を採ってくることが出来ますので、実験には良いのですが、コアを土に「打ち込む」のが重労働なのです。一緒に行った学生のタフさにびっくりしました。偉いです。
 今月頭には、小さな学会もあって、私たちはたくさんのポスターを発表しました。他の人に自分の研究を説明して、質問や意見をもらえる、さらなるアイデアを生み出せる、というのは常にすばらしいことです。

   Scientists like us, who work with farmers and fields, have some weak points. In winter seasons, we have less things to do. For example, some roads are inaccessible anymore due to snow and soil freezing stops us to take soil samples. In November, therefore, we usually a lot of things to prepare for winter. We have to sample our soils if we are going to measure some characteristics of them. If we have some field research plans, we have to do them as soon as possible. 
   A few weeks ago, we visited Akkeshi-town to research Bekanbeushi-river. We are indeed interested in river water quality but for this visit, we sampled soils from grasslands and wetlands. A student who came with me, swung a hammer to sample soil cores. Soil cores are good for some experiments because they maintain their original structures but it is normally so hard to hammer the cores into soils. I was impressed by a toughness of my student. Good job. 
   We also had a small workshop at the beginning of this month, presented many posters. It is so wonderful to be able to explain about our works to others and to receive a lot of comments and questions from them. 
Comments