Blog‎ > ‎

学生交流のこと【Student exchanges】

posted Jun 30, 2014, 9:17 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 まだまだ始まったばかり、というか始めようとしている段階なのですが、学生交流を進めるための活動がだいぶ本格化してきました。学生交流といっても、私がやっているのは、数週間~数か月の短期間の語学研修やホームステイとは少し違います。
 私がやりたいのは、ヨーロッパの大学やアジアの大学(日本以外)が積極的に進めている、自由に単位互換ができるシステム作りです。たとえばヨーロッパでは、イギリス人がイギリスの大学に進学しながら、途中で一年フランスの大学で勉強しても、単位をうまく互換することが出来ます。もちろんドイツでもノルウェーでもオランダでもそうです。そのためのシステムがしっかり出来上がっています。タイやフィリピン、インドネシアのトップレベルの大学でもそういった動きが進んでいます。
 しかし私の大学には、まだそういったしっかりとしたシステムがありません。「ある」という人もいるのですが、それはほんとに特殊なケースで、たくさんの先生方や事務の人たちが大変な苦労をして、なんとか単位を互換する、という場合がほとんどです。これでは、海外に半年や一年行きたくても、準備の途中であきらめてしまったり、せっかく行っても休学せざるを得なくなったりする人が増えるばかりです。
 今は、私の母校と、今私が働いている大学を中心に、そういったシステムをしっかり作っていこうと思っています。これがうまくいけば、いろいろと応用しながらさまざまな形でシステムを作っていこうと思っているのです。

   It has just been started but I started being able to create a system or a mechanism to start a student exchange program between our University and other Universities. When I say “student exchange”, I am not talking about a short-term English course or a homestay program.
   I would like to start creating a system where students are able to freely exchange their credits among many Universities. This has already been happening in Europe or in other parts in Asia. For example, a student from UK can do a part of his/her course in France and take his/her credits back to his/her University without a lot of hustles. Similar systems exist in Germany, Norway, Netherland and many other European countries. This started happening in top Universities in Thailand, Philippines and Indonesia.
   In my University, this kind of system does not exist. Some say it does but it is a very rare case where many professors or administration staffs worked really hard to make this happen. Thus, in many cases, students who want to study overseas for a while give up when they are planning or even when they go overseas, they are forced to take a year off from their home University.
   Now my University and the University that I studied are trying to create a good system. When this starts, a similar system can be applied to other Universities, which I hope.
Comments