Analyses of Soil Microbial Communities 【土壌微生物コミュニティーの解析】

In soils, there are millions of microbes. We cannot easily "see" them but they are very important. For example, they decompose our waste and produce nutrients for plants. They fertilize the soils and sustain our foods. 



Soil microbial importance is not just related to their size or numbers but their "community structures" because different microbes have different roles in soils and thousands of microbial species interact in each soil. 

To understand the interaction, we use extracted soil DNA samples. They can be analysed using a machine called "next-generation sequencer". This machine tells us the proportion of different microbial species in each soil. 

However, it is still difficult to determine the controlling factors of the soil microbial community structures. It is also hard to answer a simple question such as "what is the best soil microbial community structure?". 

Our soils are now facing a lot of challenges, such as drought, heat and contamination. We continue our research to understand how soils cope with these challenges and how we can help soils to deal with these stresses.
土壌には数えきれないほどの微生物が棲んでいます。簡単に「見る」ことが出来ない生き物ですが、とても大切であることは間違いありません。例えば、彼らは私達の生み出すゴミや廃棄物から、栄養素を作り出し、土を肥沃にし、私達へ食べ物を提供することが出来ます。

土に棲む微生物は、単にそれらの数や大きさで評価することは難しく、コミュニティー構造を理解することが重要です。なぜなら、異なる微生物は異なる役割を有していて、土には何千という種類の微生物が存在しているからです。


この沢山の微生物種の相互関係を理解するには、土からDNAを抽出して、それを解析することが必要となってきます。解析は、「次世代シークエンサー」という機械を使って行います。この機械によって、どの微生物がどれだけ、土に棲んでいるのか、ということが理解できるわけです。

しかし、このコミュニティー構造が何にどのような影響を受けているのかはまだあまりわかっていません。また、「どのような微生物コミュニティー構造だったら良い土なの?」という簡単な質問に答えることさえ難しいのが現在の状況です。

土は今、様々な問題に直面しています。例えば、干ばつ、温暖化、汚染などです。私達は、土がどのようにこういった問題に対処しているのか、また、どのように私達がそれを手助けできるのか、という視点で研究を進めています。
Comments