Nutrient Budgeting for Japanese Dairy Farms 【酪農場の栄養バランス】

Dairy cows produce our milk and meat, by eating a lot of grass and grains. They also produce a lot of waste (urine and dung). On dairy farms, the waste is often recycled well. It may be composted and spread on pasture or be used for a bio-gas production. 


We are interested in visualize these movements of nutrients on each farm. Nutrients are going in and out everyday on a farm, in various forms, such as milk, meat, fertilizer, grains and so on. 

Understanding these movements will result in better understanding of the nutrient use efficiency on a farm. The improvement of the nutrient use efficiency may result in better income for farmers and hopefully with less labour. 

Also, we are interested in comparing these data with oversea dairy farms using an international standard. The improvement of the nutrient use efficiency in agricultural ecosystems has global significance since some nutrients such as nitrogen has a strong influence on global environmental issues. 

Our team has a strong connection with a project such as International Nitrogen Management System (INMS) to progress this kind of project. 
牛乳や肉を生み出す乳牛は、そのために沢山の草や穀物を食べます。また、その一方で、沢山のうんちやおしっこを生産します。酪農場ではこれらは上手にリサイクルされており、堆肥としてまた牧草地に返されていたり、バイオガス生産のために使われていたりします。


私達は、このような酪農場での栄養素の動きに興味があります。栄養素は毎日、いろいろな形で(牛乳、肉、肥料、穀物等)農場を出入りしているので、視覚化することはとても大切です。

この動きを理解することにより、農場での栄養素利用効率は向上させることが出来るでしょう。また、向上させることによって、より農家の収入を向上させたり、労働量を削減することにもつながってくるでしょう。

さらに、私達はこのようなデータを国際基準で比較することに興味を持っています。農業システムでの栄養素利用効率向上は世界的に見て非常に重要です。栄養素の多く、例えば窒素は、世界の環境問題と深く関わっているからです。

この研究室では、国際的な窒素循環を考える枠組みである国際窒素管理システム(INMS)などと深く連携しながら、このようなプロジェクトを進めています。
Comments