Blog‎ > ‎

バリ島での学会【A conference at Bali Island, Indonesia】

posted Apr 2, 2014, 10:42 PM by Yoshitaka Uchida Hokudai
 年度末に、バリ島で学会がありました。実はこの学会についてはあまり知らなかったのですが、誘っていただいたので行くことにしました。この学会では、気候変動がアジアの農業にどのような影響を与えるのかが議論されました。地球温暖化や激しさを増す雨季の洪水などで、アジアの農家たちは将来への不安を感じているようです。その中でどのように維持可能な農業を営めるのでしょうか。科学者がやらなければいけないことはまだまだたくさんあります。
 今回参加した学会では、「やらなければいけないこと」の前に、「今どうなっているのか」を考察した研究が多かったような気がしました。やはりアジアでは、例えば20世紀から21世紀にかけてどのように気候が変わってきたのか、そういったデータがまだきちんとまとまってない部分があるのかもしれません。それをしっかり理解しなければ、将来の気候変動を予測したり、その対応策を考えたりは出来ないのではないでしょうか。
 バリ島には、有名な美しい「棚田」つまり段々畑があります。日本にも段々畑がありますが、日本と同様、バリ島の棚田も昔から変わらないスタイルで、いろいろなルールにのっとって経営がなされています。そうすることで、自然を壊すことなく、同じ土地で長い間農業を営むことが出来るのです。

  I attended a conference at Bali Island, Indonesia, last month. I actually did not know much about the conference, however, my friend kindly invited me to attend the conference thus I decided to go. At the conference, we discussed the effect of climate change on agricultural systems particularly in Asia. Farmers in Asia are worrying about their future, because they realize that global warming and increasing flooding events are affecting them. There a lot to do for scientists.
  At the conference, many talks were focusing on “what has been happening in the Asian climate” rather than discussing “what to do to deal with changing climate”. To deal with changing climate, first it is important to evaluate how the climate has been changing over the last few hundred years. 
  There are beautiful rice terraces in Bali. There are rice terraces in Japan and similar to them, the rice terraces in Bali are managed very carefully with many regulations. These rules allow farmers to produce rice from the same field for many years.
Comments